独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 11月 2009

指宿 菜の花通信(No.2)「閉まるドアにご注意ください。」

私はJR指宿線で通勤し、朝6:20の列車に乗る。「間もなく発車します、閉まるドアにご注意下さい」とアナウンスがある。なんだか耳に引っかかる。「ドアが閉まります、ご注意下さい」の方が耳に優しいように思うが・・・・・。

今まで気がつかなかったが、九州新幹線でも同じアナウンスをしている。テープで流れる放送、車掌さんの放送も殆どが同じである。時々、車掌さんが「ドアが閉まります。ご注意下さい」と言うこともあるが、不定期のアナウンスの時のみだ。JR九州のマニュアルは「閉まるドアにご注意下さい」となっているのだろう。

JR指宿線は海岸線の山沿いを走っている、大雨だとすぐ運休になる。その日は大雨で、前の列車が運休、やっと運行再開となった。当然、乗客が多く、混んでいた。沿線に高校や大学があるので、高校生など学生が多く乗ってくる。

車掌さんが「中程へつめてください」と何度もアナウンスしているが、入り口付近の乗客が譲り合う気配がない。私は真ん中辺りの席に掛けていたが、中の方は空いているのにどうして譲り合わないのかと気をもんでいた。乗車に時間がかかるので、なかなか発車出来ない。遅れている列車はますます遅れる、会合に遅れてしまうと少々いらいらしてしまう。

よく観察すると、乗客の多くが携帯電話を持ち、メールをしている。同じ列車に乗っている乗客同士という、その場での人同士の繋がりではなく、携帯を通じて列車の外の人と繋がっているようだ。乗客同士という、その場の繋がりが希薄なことが、譲り合う行動に結びついていかないのかと勝手な想像をしている。

平成21年11月6日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.2)「閉まるドアにご注意ください。」

私はJR指宿線で通勤し、朝6:20の列車に乗る。「間もなく発車します、閉まるドアにご注意下さい」とアナウンスがある。なんだか耳に引っかかる。「ドアが閉まります、ご注意下さい」の方が耳に優しいように思うが・・・・・。

今まで気がつかなかったが、九州新幹線でも同じアナウンスをしている。テープで流れる放送、車掌さんの放送も殆どが同じである。時々、車掌さんが「ドアが閉まります。ご注意下さい」と言うこともあるが、不定期のアナウンスの時のみだ。JR九州のマニュアルは「閉まるドアにご注意下さい」となっているのだろう。

JR指宿線は海岸線の山沿いを走っている、大雨だとすぐ運休になる。その日は大雨で、前の列車が運休、やっと運行再開となった。当然、乗客が多く、混んでいた。沿線に高校や大学があるので、高校生など学生が多く乗ってくる。

車掌さんが「中程へつめてください」と何度もアナウンスしているが、入り口付近の乗客が譲り合う気配がない。私は真ん中辺りの席に掛けていたが、中の方は空いているのにどうして譲り合わないのかと気をもんでいた。乗車に時間がかかるので、なかなか発車出来ない。遅れている列車はますます遅れる、会合に遅れてしまうと少々いらいらしてしまう。

よく観察すると、乗客の多くが携帯電話を持ち、メールをしている。同じ列車に乗っている乗客同士という、その場での人同士の繋がりではなく、携帯を通じて列車の外の人と繋がっているようだ。乗客同士という、その場の繋がりが希薄なことが、譲り合う行動に結びついていかないのかと勝手な想像をしている。

平成21年11月6日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦