独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 2月 2010

指宿 菜の花通信(No.6)「声がでかくなりました」

研修医一年生S先生が医師になって10ヶ月、当院での研修4ヶ月を終えることになった。彼女の感想は「声がでかくなりました」でした。当院は地方の病院、高齢者の入院患者が多い、彼女は循環器内科30数名の入院患者さんを指導医とともに担当していた。ラウンドするだけで小一時間はかかる。そこで手際良く、患者さんの状態を把握していくには大きな声にならざるをえなかったようだ。

彼女は当院で、まず産科研修、カイザーにも多く立ち会い、産科医師は一人しかいないので、多くのことをしなければならなかった。小児科ではちょうどインフルエンザの時期で、外来・入院ともに忙しい時期、赤ちゃんの採血に苦労した。循環器内科では、救急搬送された心肺停止の患者さんの初期対応に一人で立ち向かい(もちろん指導医もすぐ駆けつける)、一時ペーシング、中心静脈確保などの手技を習得していった。私にはこの研修医の女医さんがだんだん「医者らしい顔つき」に変化したように思える。

鹿児島県の初期臨床研修医はこの制度が発足した平成16年105名いたが、昨年(平成21年)は55名と殆ど半減してしまった。原因は複合的であろう。私どもが医師になった40年前は本県出身の者は当然の如く、鹿児島大学病院で研修して、一人前の医師になる道を選んだ。それが新臨床研修制度では都会の大病院が魅力的(?)なプログラムと好条件を提示、勧誘するので選択肢が増えてきた。2年間位は他所に行って、勉強したい気持ちも理解できる。

しかし、鹿児島での研修が県外病院での研修に劣っているわけではない。鹿児島大学病院をはじめ県内の研修病院は「熱いハートの医師」を育てる熱気に満ちている。現に、我々の周りで研修している医師は逞しく成長している。

県外での研修では「研修医」の間は大事にされる、しかし、その後は十分面倒見てくれるわけではない。医療現場は「医療事故」など厳しい現実に満ちている。そうした事態が起こったら、十分なサポートが必要だ、我々にはそれを十分に行ってきた実績がある。「自己責任」のみで強く生き抜いて行くのも良いが、覚悟が求められる。県内に基盤を置きながら、国内外の病院に研修・研究に行く道も十分保障されている。一人前の医師として成長する道筋を目の前の事のみでなく、長期戦略の中で考えて欲しいと思う。

平成22年2月2日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.6)「声がでかくなりました」

研修医一年生S先生が医師になって10ヶ月、当院での研修4ヶ月を終えることになった。彼女の感想は「声がでかくなりました」でした。当院は地方の病院、高齢者の入院患者が多い、彼女は循環器内科30数名の入院患者さんを指導医とともに担当していた。ラウンドするだけで小一時間はかかる。そこで手際良く、患者さんの状態を把握していくには大きな声にならざるをえなかったようだ。

彼女は当院で、まず産科研修、カイザーにも多く立ち会い、産科医師は一人しかいないので、多くのことをしなければならなかった。小児科ではちょうどインフルエンザの時期で、外来・入院ともに忙しい時期、赤ちゃんの採血に苦労した。循環器内科では、救急搬送された心肺停止の患者さんの初期対応に一人で立ち向かい(もちろん指導医もすぐ駆けつける)、一時ペーシング、中心静脈確保などの手技を習得していった。私にはこの研修医の女医さんがだんだん「医者らしい顔つき」に変化したように思える。

鹿児島県の初期臨床研修医はこの制度が発足した平成16年105名いたが、昨年(平成21年)は55名と殆ど半減してしまった。原因は複合的であろう。私どもが医師になった40年前は本県出身の者は当然の如く、鹿児島大学病院で研修して、一人前の医師になる道を選んだ。それが新臨床研修制度では都会の大病院が魅力的(?)なプログラムと好条件を提示、勧誘するので選択肢が増えてきた。2年間位は他所に行って、勉強したい気持ちも理解できる。

しかし、鹿児島での研修が県外病院での研修に劣っているわけではない。鹿児島大学病院をはじめ県内の研修病院は「熱いハートの医師」を育てる熱気に満ちている。現に、我々の周りで研修している医師は逞しく成長している。

県外での研修では「研修医」の間は大事にされる、しかし、その後は十分面倒見てくれるわけではない。医療現場は「医療事故」など厳しい現実に満ちている。そうした事態が起こったら、十分なサポートが必要だ、我々にはそれを十分に行ってきた実績がある。「自己責任」のみで強く生き抜いて行くのも良いが、覚悟が求められる。県内に基盤を置きながら、国内外の病院に研修・研究に行く道も十分保障されている。一人前の医師として成長する道筋を目の前の事のみでなく、長期戦略の中で考えて欲しいと思う。

平成22年2月2日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦