独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 4月 2010

指宿 菜の花通信(No.8)「今年も薄墨桜は咲かなかった」

鹿児島県立図書館の前庭に、平成2年岐阜県から寄贈された薄墨桜の木がある。期待しながら見に行くが、今年も咲かなかった。あるいはその地で育っていたら、可憐な花を咲かせていたかもしれない。我が家の庭に花みずきを植えているが、残念ながら、今年も白い花と葉っぱが半分位ずつだった。私の通勤路の花みずきはそれこそ木全体が白い花に覆われている。花が咲いてくれるにはそれなりの条件が必要なのだろう。

私が関係する部署にもこの4月、多くの新人が入ってきた。医師国家試験に合格した初期臨床研修医75名が県内の研修病院で医師としての人生をスタートさせた。この4年間、鹿児島県の初期臨床研修医は減り続けてきたが、昨年の54名に比し21名増となり、減少傾向に歯止めが掛かった。成長するために、良き先輩医師との出会いがあって欲しいと思う。当院にも新人看護師10名をはじめ、転勤を含めると29名もの人が新たに赴任してきた。赴任した皆さんが成長できる職場になりたいものだ。

高峰秀子さんという御年85歳の女優さんがいます。「高峰秀子の流儀」という本が出て、新聞の書評に「求めない、期待しない、驕らない、こだわらない・・・」高峰秀子の「生きよう」を書いているとの事であったので、読んでみる気になった。更に、彼女の事を知りたくなり、自伝的エッセイ「わたしの渡世日記」も読んでみた。彼女は小学校すら、まともに行っていない、字は映画の撮影に行く時、担任の先生が持ってきてくれた絵本で覚えたという。

彼女は30歳で既に大女優であったが、当時名もない助監督であった松山善三さんと結婚する。その時、足し算は出来たが引き算は出来ず、辞書を引く事を知らず、夫に教えてもらったのだという。その彼女の文章は研ぎ澄まされ、観察力、洞察力の深さに驚かされる。

新人の教育は管理者側としては可能な限り、十分なものを与えたい。最近の風潮としては教育体制が整っていることを望まれる、その通りかも知れない。しかし、十分な教育システムを作ったからといって、人が育つわけでもない。高峰秀子さんは世間的意味では十分な教育を受けていないにもかかわらず仕事も出来て、人としてのレベルも高い。どうしたら、そんな人が育つのか考えさせられる。

平成22年4月15日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.8)「今年も薄墨桜は咲かなかった」

鹿児島県立図書館の前庭に、平成2年岐阜県から寄贈された薄墨桜の木がある。期待しながら見に行くが、今年も咲かなかった。あるいはその地で育っていたら、可憐な花を咲かせていたかもしれない。我が家の庭に花みずきを植えているが、残念ながら、今年も白い花と葉っぱが半分位ずつだった。私の通勤路の花みずきはそれこそ木全体が白い花に覆われている。花が咲いてくれるにはそれなりの条件が必要なのだろう。

私が関係する部署にもこの4月、多くの新人が入ってきた。医師国家試験に合格した初期臨床研修医75名が県内の研修病院で医師としての人生をスタートさせた。この4年間、鹿児島県の初期臨床研修医は減り続けてきたが、昨年の54名に比し21名増となり、減少傾向に歯止めが掛かった。成長するために、良き先輩医師との出会いがあって欲しいと思う。当院にも新人看護師10名をはじめ、転勤を含めると29名もの人が新たに赴任してきた。赴任した皆さんが成長できる職場になりたいものだ。

高峰秀子さんという御年85歳の女優さんがいます。「高峰秀子の流儀」という本が出て、新聞の書評に「求めない、期待しない、驕らない、こだわらない・・・」高峰秀子の「生きよう」を書いているとの事であったので、読んでみる気になった。更に、彼女の事を知りたくなり、自伝的エッセイ「わたしの渡世日記」も読んでみた。彼女は小学校すら、まともに行っていない、字は映画の撮影に行く時、担任の先生が持ってきてくれた絵本で覚えたという。

彼女は30歳で既に大女優であったが、当時名もない助監督であった松山善三さんと結婚する。その時、足し算は出来たが引き算は出来ず、辞書を引く事を知らず、夫に教えてもらったのだという。その彼女の文章は研ぎ澄まされ、観察力、洞察力の深さに驚かされる。

新人の教育は管理者側としては可能な限り、十分なものを与えたい。最近の風潮としては教育体制が整っていることを望まれる、その通りかも知れない。しかし、十分な教育システムを作ったからといって、人が育つわけでもない。高峰秀子さんは世間的意味では十分な教育を受けていないにもかかわらず仕事も出来て、人としてのレベルも高い。どうしたら、そんな人が育つのか考えさせられる。

平成22年4月15日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦