独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 5月 2010

指宿 菜の花通信(No.9)「奇跡のりんご」

りんご作り農家木村秋則さんの事を書いた「奇跡のリンゴ」という本がある。農薬なしには不可能と云われるリンゴ作りに有機肥料、農薬なしで挑戦し、成し遂げた木村さんの記録だ。今や木村さんの作るリンゴはなかなか手にはいらない、そのリンゴは噛むとパリンと音がしそうなほど、しっかりした歯ごたえ、強烈な甘みと酸味、樹の実と呼ぶのにふさわしい野生の味だそうだ。

木村さんは奥さんが農薬使用後に寝込んでしまう事が多く、なんとかならないものかと考えていた。たまたま自然農法を説く本を目にし、リンゴを農薬、肥料なしで作ろうと決心した。やってみると虫、病気の発生でリンゴは全く実らず、当然収入もなくなり、世間からは「かまどけし」と云われ、家族は貧乏にあえいだ。それでも、誰よりもリンゴの木を世話し、虫、病気から木を守るためあらゆることを試し続けた。しかし、リンゴは実らず、大事な木もだんだん弱っていった。

6年目にはどうにもならず、夏の夜、ロープを持って山に登っていく、ここら辺でとロープを木の枝に掛けたがロープが飛んでいった。それを探しに下の方に降りたら、なんと見事な葉を付けたリンゴの木(実際はどんぐりの木)があった。なんで、こんなところにこんな立派な木があるのかと観察を始めた。土が違うことに気づいた。「死のう」と思って来たことはすっかり忘れ、そのまま畑に帰り、自分の畑のリンゴの木は根が貧弱と気づく。それから土の改造、根っこからのリンゴの木の再生に取り組み始めた。

その翌年、リンゴの木一本が7個の花を咲かせた。実に無農薬に挑戦してから8年目のことであった。うち2個が実になった。家族皆で食べた。驚くほど美味しかった。9年目にはリンゴの花が一面に咲いた。しかし、リンゴ農家として売れる商品になるまでは苦労は続いた。しかし、今や、無農薬、肥料なしの木村さんのリンゴは自然と人との関わりまで考えさせる存在になっている。それにしても、農薬を使いさえすれば高収入が約束されているのに貧乏にあえぎながら、信念を貫く強さに感嘆させられる。その後も「リンゴの教えてくれたこと」を伝えに国内外を飛び回っている。

当院の平成21年度収支は残念ながら赤字で、独立行政法人になって6年赤字続きである。指宿病院が黒字化は無理だよと広言する人もいる。しかし、この病院はこの地域になくてはならない存在だ。木村さんに似た院長さんがめげずにがんばっている。結果はついてくると確信している。

平成22年5月21日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.9)「奇跡のりんご」

りんご作り農家木村秋則さんの事を書いた「奇跡のリンゴ」という本がある。農薬なしには不可能と云われるリンゴ作りに有機肥料、農薬なしで挑戦し、成し遂げた木村さんの記録だ。今や木村さんの作るリンゴはなかなか手にはいらない、そのリンゴは噛むとパリンと音がしそうなほど、しっかりした歯ごたえ、強烈な甘みと酸味、樹の実と呼ぶのにふさわしい野生の味だそうだ。

木村さんは奥さんが農薬使用後に寝込んでしまう事が多く、なんとかならないものかと考えていた。たまたま自然農法を説く本を目にし、リンゴを農薬、肥料なしで作ろうと決心した。やってみると虫、病気の発生でリンゴは全く実らず、当然収入もなくなり、世間からは「かまどけし」と云われ、家族は貧乏にあえいだ。それでも、誰よりもリンゴの木を世話し、虫、病気から木を守るためあらゆることを試し続けた。しかし、リンゴは実らず、大事な木もだんだん弱っていった。

6年目にはどうにもならず、夏の夜、ロープを持って山に登っていく、ここら辺でとロープを木の枝に掛けたがロープが飛んでいった。それを探しに下の方に降りたら、なんと見事な葉を付けたリンゴの木(実際はどんぐりの木)があった。なんで、こんなところにこんな立派な木があるのかと観察を始めた。土が違うことに気づいた。「死のう」と思って来たことはすっかり忘れ、そのまま畑に帰り、自分の畑のリンゴの木は根が貧弱と気づく。それから土の改造、根っこからのリンゴの木の再生に取り組み始めた。

その翌年、リンゴの木一本が7個の花を咲かせた。実に無農薬に挑戦してから8年目のことであった。うち2個が実になった。家族皆で食べた。驚くほど美味しかった。9年目にはリンゴの花が一面に咲いた。しかし、リンゴ農家として売れる商品になるまでは苦労は続いた。しかし、今や、無農薬、肥料なしの木村さんのリンゴは自然と人との関わりまで考えさせる存在になっている。それにしても、農薬を使いさえすれば高収入が約束されているのに貧乏にあえぎながら、信念を貫く強さに感嘆させられる。その後も「リンゴの教えてくれたこと」を伝えに国内外を飛び回っている。

当院の平成21年度収支は残念ながら赤字で、独立行政法人になって6年赤字続きである。指宿病院が黒字化は無理だよと広言する人もいる。しかし、この病院はこの地域になくてはならない存在だ。木村さんに似た院長さんがめげずにがんばっている。結果はついてくると確信している。

平成22年5月21日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦