独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 7月 2010

指宿 菜の花通信(No.11)「マラリア」

22歳の青年が2W間前から、1日1回40度以上の発熱があると外来受診した。この青年は1年以上東南アジア、インド、バングラディシュなどを旅行し、10日ほど前に帰国、郷里指宿に帰ってきたばかりである。CRP18.8、血小板6.2万、いずれも決め手にはならないが、病歴、生活歴より直感的、臨床的にマラリアと考え、鹿児島大学病院に連絡した。旧同僚の血液内科の医師が診てくれる事になった。血液標本を見て、マラリアの診断は確定し、即刻入院となった。本邦では今でも年間100名位のマラリア患者が発生しているという。診断と治療が遅れないことが肝心と云われている。

医師になって40年、初めて、自分でマラリアの患者さんを診た。私は昭和45年、鹿児島大学第二内科に入局し、医師としての勉強を始めた。当時の第二内科は故佐藤八郎教授が指導されていた。昭和22年、先生が枕崎地区の検診に出かけられた時、ある地区で熱発患者が多発していて、多くが南方からの復員兵士であった。調査が始まり、マラリアが多発していることが判った。佐藤教授は「輸入マラリア」として報告され、学会でも大きな話題となった。我々の世代はまだそのことが記憶にある。

更に、10数年前に、アフリカで活動していた医師が鹿児島に帰ってきて、マラリアの診断が付いたが劇症型で亡くなった事があった。この時、マラリアと診断し、治療に当たられたのが熱帯病の専門家である前第二内科助教授尾辻義人先生であった。そのケースを詳しく教えられた事もまだ頭に残っていた。恩師お二人のお顔を思い浮かべながら、迷わずに速やかに診断に至った事を感謝している。

定年後、当院の非常勤医師となり、総合内科を担当するようになった。40年間循環器医師として、過ごしてきたが、新たな分野に挑戦している。そういう立場になったからこそ、今まで経験したことのない疾患に遭遇している。過去の小さな自分の権益に拘っていると見えないものが、この立場になり見えてくるものもある。それもまた楽しからずやである。

臨床医には経験が大事である。いくら教科書やマニュアルを覚えても見えてこない事も多い。それを超えたところに臨床の面白みがある。効率の良い研修を求める風潮があるが、経験主義の中にすっぽりとはまらないと見えて来ない真実もある。臨床の奥は深い、過酷な臨床現場での先輩の何気ないささやきの中から学び取らないといけない事も多いように思う。

平成22年7月28日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.11)「マラリア」

22歳の青年が2W間前から、1日1回40度以上の発熱があると外来受診した。この青年は1年以上東南アジア、インド、バングラディシュなどを旅行し、10日ほど前に帰国、郷里指宿に帰ってきたばかりである。CRP18.8、血小板6.2万、いずれも決め手にはならないが、病歴、生活歴より直感的、臨床的にマラリアと考え、鹿児島大学病院に連絡した。旧同僚の血液内科の医師が診てくれる事になった。血液標本を見て、マラリアの診断は確定し、即刻入院となった。本邦では今でも年間100名位のマラリア患者が発生しているという。診断と治療が遅れないことが肝心と云われている。

医師になって40年、初めて、自分でマラリアの患者さんを診た。私は昭和45年、鹿児島大学第二内科に入局し、医師としての勉強を始めた。当時の第二内科は故佐藤八郎教授が指導されていた。昭和22年、先生が枕崎地区の検診に出かけられた時、ある地区で熱発患者が多発していて、多くが南方からの復員兵士であった。調査が始まり、マラリアが多発していることが判った。佐藤教授は「輸入マラリア」として報告され、学会でも大きな話題となった。我々の世代はまだそのことが記憶にある。

更に、10数年前に、アフリカで活動していた医師が鹿児島に帰ってきて、マラリアの診断が付いたが劇症型で亡くなった事があった。この時、マラリアと診断し、治療に当たられたのが熱帯病の専門家である前第二内科助教授尾辻義人先生であった。そのケースを詳しく教えられた事もまだ頭に残っていた。恩師お二人のお顔を思い浮かべながら、迷わずに速やかに診断に至った事を感謝している。

定年後、当院の非常勤医師となり、総合内科を担当するようになった。40年間循環器医師として、過ごしてきたが、新たな分野に挑戦している。そういう立場になったからこそ、今まで経験したことのない疾患に遭遇している。過去の小さな自分の権益に拘っていると見えないものが、この立場になり見えてくるものもある。それもまた楽しからずやである。

臨床医には経験が大事である。いくら教科書やマニュアルを覚えても見えてこない事も多い。それを超えたところに臨床の面白みがある。効率の良い研修を求める風潮があるが、経験主義の中にすっぽりとはまらないと見えて来ない真実もある。臨床の奥は深い、過酷な臨床現場での先輩の何気ないささやきの中から学び取らないといけない事も多いように思う。

平成22年7月28日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦