独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 9月 2010

指宿 菜の花通信(No.13)「ホメオパシー」

昨年、助産師がビタミンKを与えるべき新生児にホメオパシー治療薬を投与し、死亡に至った事件があった。それを重くみた日本学術会議は代替え医療の一種「ホメオパシー」について「その治療効果は科学的に明快に、否定されている。それを効果があると称して治療に使用することは厳に慎むべき行為」との会長談話を公表した(8/24)。これに対して、長妻厚生労働大臣は「本当に効果があるのかないのか厚労省で研究していきたい」と述べたそうだ。

ホメオパシーは原理的には症状を起こす原因物質を水で薄め(1060倍も)、攪拌し、それを砂糖玉にかけて飲ませるという療法である。出来るだけ薄めた方がよく、その水に原因物質のオーラ、波動が染み込み、体の抵抗力を引き出し、自己治癒力などが高まるとする。しかし、この理屈はとても現代科学では認められない荒唐無稽であるというのが学術会議の立場である。

米国初代大統領ジョージ•ワシントンは1799年、化膿性扁桃腺炎に罹り、67歳で亡くなった。現在であれば抗生剤中心で治療すると思うが、その時は大量の瀉血が行われた。記録によれば2日間で2.5リットルの瀉血が行われたという。最後の瀉血はあまり血が出てこなかったという。人の血液量は約5リットルであるので、約半分が瀉血されたことになる。現在ではこの瀉血による大量出血(?)と脱水が死亡の原因ではないかと考えられている。

瀉血はギリシャ医学に端を発し、西欧では長く行われた治療法で、当時の医学では主流であった。従って、アメリカ大統領に当時、最も有効と考えられていた瀉血治療が行われても当然であったといえる。しかし、現在、特殊な例を除きこの治療がおこなわれる事はない。現代医療はその治療法が有効であるか否かを科学的な臨床試験を行い検証してきた。瀉血療法も1809年、A・ハミルトン(スコットランド人軍医)によって有効性を検討する臨床試験が初めて行われ、瀉血療法を受けた患者の死亡率が高いことが示された。その後の臨床試験でもこの治療法の有効性を示す事は出来ず、段々行われなくなった。

テレビコマーシャルみたいに「良くなったような気がする」という個人の感想で、その治療が有効であるということは出来ない。現代の医学では原則、いかなる治療法も科学的な臨床試験を行い、有効性が証明されなければならない。ホメオパシーは科学的臨床試験でプラセボ以上の効果はないと結論づけられている。今更、「厚労省」が研究する事もなかろうと思う。

平成22年9月10日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.13)「ホメオパシー」

昨年、助産師がビタミンKを与えるべき新生児にホメオパシー治療薬を投与し、死亡に至った事件があった。それを重くみた日本学術会議は代替え医療の一種「ホメオパシー」について「その治療効果は科学的に明快に、否定されている。それを効果があると称して治療に使用することは厳に慎むべき行為」との会長談話を公表した(8/24)。これに対して、長妻厚生労働大臣は「本当に効果があるのかないのか厚労省で研究していきたい」と述べたそうだ。

ホメオパシーは原理的には症状を起こす原因物質を水で薄め(1060倍も)、攪拌し、それを砂糖玉にかけて飲ませるという療法である。出来るだけ薄めた方がよく、その水に原因物質のオーラ、波動が染み込み、体の抵抗力を引き出し、自己治癒力などが高まるとする。しかし、この理屈はとても現代科学では認められない荒唐無稽であるというのが学術会議の立場である。

米国初代大統領ジョージ•ワシントンは1799年、化膿性扁桃腺炎に罹り、67歳で亡くなった。現在であれば抗生剤中心で治療すると思うが、その時は大量の瀉血が行われた。記録によれば2日間で2.5リットルの瀉血が行われたという。最後の瀉血はあまり血が出てこなかったという。人の血液量は約5リットルであるので、約半分が瀉血されたことになる。現在ではこの瀉血による大量出血(?)と脱水が死亡の原因ではないかと考えられている。

瀉血はギリシャ医学に端を発し、西欧では長く行われた治療法で、当時の医学では主流であった。従って、アメリカ大統領に当時、最も有効と考えられていた瀉血治療が行われても当然であったといえる。しかし、現在、特殊な例を除きこの治療がおこなわれる事はない。現代医療はその治療法が有効であるか否かを科学的な臨床試験を行い検証してきた。瀉血療法も1809年、A・ハミルトン(スコットランド人軍医)によって有効性を検討する臨床試験が初めて行われ、瀉血療法を受けた患者の死亡率が高いことが示された。その後の臨床試験でもこの治療法の有効性を示す事は出来ず、段々行われなくなった。

テレビコマーシャルみたいに「良くなったような気がする」という個人の感想で、その治療が有効であるということは出来ない。現代の医学では原則、いかなる治療法も科学的な臨床試験を行い、有効性が証明されなければならない。ホメオパシーは科学的臨床試験でプラセボ以上の効果はないと結論づけられている。今更、「厚労省」が研究する事もなかろうと思う。

平成22年9月10日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦