独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 12月 2010

指宿 菜の花通信(No.15)「医師不足対策」

鹿児島県の医師不足が深刻だ。私は鹿児島医療センターを定年退職後、週3日指宿病院で非常勤医師を務める一方、平成21年5月より、鹿児島県保健福祉部地域医療特別顧問として主に研修医対策、平成22年4月より、鹿児島県医師会常任理事として、ここでも医師不足対策を中心に仕事をしている。

大隅地方のある医師会病院では、今年度、外科医4名が退職し、30年近く提供された外科診療が中止になった。鹿児島県北部の市立病院では平成14年度12名いた内科医が平成21年1月には2名になった。私が現在非常勤で勤務している国立病院機構指宿病院も平成14年22名いた医師が現在15名となっている。特に地方の中核的病院での医師不足が顕著である。

平成16年新臨床研修制度が施行される以前、鹿大病院には、毎年100名以上の新人医師が入局していた。その後、年々減少し、平成21、22年度入局者はそれぞれ41名、47名となってしまった。更に、鹿大医学部卒業生の大都会の研修病院への流出も著しく、鹿児島県全体の研修医も激減して行った。県全体で、平成16年105名いた研修医は平成21年には54名まで減った。それでも鹿大病院からは現在でも約400名の医師が県内の各病院に派遣されている。派遣機能が低下したとは云え、依然として鹿大病院は地域医療を支える基幹的役割を果たしている。

現実の医師不足は深刻で、早くなんとかして欲しいとの悲鳴が聞こえてくる。各病院でそれぞれ対策を行っているが、なかなか改善しない。本県における医師派遣機能は歴史的に、鹿大病院に「おんぶに抱っこ」の状態で依存してきた。その大学病院の医師派遣機能が低下し、一挙に医師不足が顕在化してきた。この歴史的状況の中で、医師の配置をどうするのか医師自らが考えるべきである。人任せではいけないのではなかろうか。

対策を進める側としては、研修医の生活、研修条件を改善など様々な対策を行っている。希望も出来る限り聞き入れている。それはそれで重要と思う。しかし、もっと重要なことは医師として、この「県民の悲鳴」をどう聞くのかという事ではないか。医師になって何をしようとしているのか、医師になろうとした原点はなんなのか。「志の高い」医師を増やさない限り、医師の数をいくら増やしても、事態は一向に改善されないと思う。医師確保対策は「病者」のために戦い、困難な状況を変革する医師をより多く育てることであるのかもしれないと思いながら、この事業に取り組んでいる。

平成22年12月8日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.15)「医師不足対策」

鹿児島県の医師不足が深刻だ。私は鹿児島医療センターを定年退職後、週3日指宿病院で非常勤医師を務める一方、平成21年5月より、鹿児島県保健福祉部地域医療特別顧問として主に研修医対策、平成22年4月より、鹿児島県医師会常任理事として、ここでも医師不足対策を中心に仕事をしている。

大隅地方のある医師会病院では、今年度、外科医4名が退職し、30年近く提供された外科診療が中止になった。鹿児島県北部の市立病院では平成14年度12名いた内科医が平成21年1月には2名になった。私が現在非常勤で勤務している国立病院機構指宿病院も平成14年22名いた医師が現在15名となっている。特に地方の中核的病院での医師不足が顕著である。

平成16年新臨床研修制度が施行される以前、鹿大病院には、毎年100名以上の新人医師が入局していた。その後、年々減少し、平成21、22年度入局者はそれぞれ41名、47名となってしまった。更に、鹿大医学部卒業生の大都会の研修病院への流出も著しく、鹿児島県全体の研修医も激減して行った。県全体で、平成16年105名いた研修医は平成21年には54名まで減った。それでも鹿大病院からは現在でも約400名の医師が県内の各病院に派遣されている。派遣機能が低下したとは云え、依然として鹿大病院は地域医療を支える基幹的役割を果たしている。

現実の医師不足は深刻で、早くなんとかして欲しいとの悲鳴が聞こえてくる。各病院でそれぞれ対策を行っているが、なかなか改善しない。本県における医師派遣機能は歴史的に、鹿大病院に「おんぶに抱っこ」の状態で依存してきた。その大学病院の医師派遣機能が低下し、一挙に医師不足が顕在化してきた。この歴史的状況の中で、医師の配置をどうするのか医師自らが考えるべきである。人任せではいけないのではなかろうか。

対策を進める側としては、研修医の生活、研修条件を改善など様々な対策を行っている。希望も出来る限り聞き入れている。それはそれで重要と思う。しかし、もっと重要なことは医師として、この「県民の悲鳴」をどう聞くのかという事ではないか。医師になって何をしようとしているのか、医師になろうとした原点はなんなのか。「志の高い」医師を増やさない限り、医師の数をいくら増やしても、事態は一向に改善されないと思う。医師確保対策は「病者」のために戦い、困難な状況を変革する医師をより多く育てることであるのかもしれないと思いながら、この事業に取り組んでいる。

平成22年12月8日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦