独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 6月 2012

指宿 菜の花通信(No.34)「田舎医者の流儀(9)・・・名手・神技」

先先週の米国男子ゴルフツアー(PGA)はタイガーウッズの今期2勝目で幕を閉じた。それまでリードされていたタイガーは16番パー3で、1打目をグリーン奥にこぼし、難しいアプローチが残った。そこから、そこしかないと思われるグリーン上の一点にボールを上げて落とした。ボールはカップに吸い込まれ、「奇跡」のバーディとなった。最終ホールでもバーディをとり、2打差で逆転優勝した。タイガーは過去にも、マスターズで90度位横に打ち出し、カップインさせる等数々の「神技」を見せてきた。その積み重ねが36歳にして73勝と歴代2位の記録に並ばせた。

メジャーリーグ、シアトル・マリナーズのイチローは10年連続、年間200本以上のヒット、年間最多ヒットなどの記録を持つ、打撃の名手である。ワンバウンドになりそうな球でもヒットにする。彼の打球は内野と外野の間など、不思議に人のいないところに飛んでいく。同時に守備でも信じられない技を見せる。右翼から矢のような送球で、走者を刺し、それこそ神技とも言うべき技を見せる。まさに名手と呼ばれるに相応しいだろう。野球、ゴルフ、水泳、陸上などスポーツの場合、数字が出てくる、それによって評価される。「名人」などと自称は出来ない。

ところで、医療界にも神の手、名手と「自称」している医師がいる。某外科医は神の手と呼ばれ、ブラック・ジャックみたいにもてはやされている。しかし、その医師は腫瘍位置を間違えて、患者から訴えられている。また、別の外科医はやはり積極的にマスコミに登場し(売り込み)、神の手などともてはやされた。しかし、この外科医は自分の職場からは手術成績が悪く、追い出されてしまった。医師の技量を評価することは難しい。手術成績も対象になった症例の重症度、合併症の有無など単純に比較出来ない。多くの医師は自らの技量の限界を日々見つめ、反省しながら、研鑽している。その結果は医学会で発表し、決して、自らマスコミなどに売り込みはしない。

当院に、著しい低カリウム血症と高血圧症の患者が入院してきた。この患者さんは今まで、低カリウム血症で多くのカリウム製剤と高血圧の薬を服用していた。主治医はいろいろな検索し、解らないところは専門医に相談した。そして「・・・症候群」という稀有な病気にたどりついた。主治医は更に検索し、それに間違いないだろうという結論に至り、その治療薬を投与した。一粒の薬で「低カリウムと高血圧」が劇的に改善した。熱心に検索した主治医とアドバイスした専門医は患者さんにとってはまさに「名医」であろう。

現場の医者は患者さんの訴えに耳を澄まし、向き合い、解決出来たら密かに「自己満足」する。

平成24年6月12日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.34)「田舎医者の流儀(9)・・・名手・神技」

先先週の米国男子ゴルフツアー(PGA)はタイガーウッズの今期2勝目で幕を閉じた。それまでリードされていたタイガーは16番パー3で、1打目をグリーン奥にこぼし、難しいアプローチが残った。そこから、そこしかないと思われるグリーン上の一点にボールを上げて落とした。ボールはカップに吸い込まれ、「奇跡」のバーディとなった。最終ホールでもバーディをとり、2打差で逆転優勝した。タイガーは過去にも、マスターズで90度位横に打ち出し、カップインさせる等数々の「神技」を見せてきた。その積み重ねが36歳にして73勝と歴代2位の記録に並ばせた。

メジャーリーグ、シアトル・マリナーズのイチローは10年連続、年間200本以上のヒット、年間最多ヒットなどの記録を持つ、打撃の名手である。ワンバウンドになりそうな球でもヒットにする。彼の打球は内野と外野の間など、不思議に人のいないところに飛んでいく。同時に守備でも信じられない技を見せる。右翼から矢のような送球で、走者を刺し、それこそ神技とも言うべき技を見せる。まさに名手と呼ばれるに相応しいだろう。野球、ゴルフ、水泳、陸上などスポーツの場合、数字が出てくる、それによって評価される。「名人」などと自称は出来ない。

ところで、医療界にも神の手、名手と「自称」している医師がいる。某外科医は神の手と呼ばれ、ブラック・ジャックみたいにもてはやされている。しかし、その医師は腫瘍位置を間違えて、患者から訴えられている。また、別の外科医はやはり積極的にマスコミに登場し(売り込み)、神の手などともてはやされた。しかし、この外科医は自分の職場からは手術成績が悪く、追い出されてしまった。医師の技量を評価することは難しい。手術成績も対象になった症例の重症度、合併症の有無など単純に比較出来ない。多くの医師は自らの技量の限界を日々見つめ、反省しながら、研鑽している。その結果は医学会で発表し、決して、自らマスコミなどに売り込みはしない。

当院に、著しい低カリウム血症と高血圧症の患者が入院してきた。この患者さんは今まで、低カリウム血症で多くのカリウム製剤と高血圧の薬を服用していた。主治医はいろいろな検索し、解らないところは専門医に相談した。そして「・・・症候群」という稀有な病気にたどりついた。主治医は更に検索し、それに間違いないだろうという結論に至り、その治療薬を投与した。一粒の薬で「低カリウムと高血圧」が劇的に改善した。熱心に検索した主治医とアドバイスした専門医は患者さんにとってはまさに「名医」であろう。

現場の医者は患者さんの訴えに耳を澄まし、向き合い、解決出来たら密かに「自己満足」する。

平成24年6月12日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦