独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 2月 2014

指宿 菜の花通信(No.51)「田舎医者の流儀(26)・・・縦・横(その2)」

その後、院内のトラブルがよく持ち込まれるようになった。ある古参の医長さんが「A科の医長さんが患者さんから責められて、一ヶ月位食事ものどを通らず、痩せこけていますよ。先生にすぐ相談するようにと話しておきました」と言ってきた。早速、その医長さんを呼んで、話を聞いた。「癌の疑いがあり、生検をした。その後、感染が起こり、熱発した。抗生剤で一旦よくなったが、再発を繰り返した。患者さんは怒って、対応に苦慮している」との事。

もちろん事実関係の正確な把握が必要であるので、詳しい調査をした。その部位の生検は感染を起こすことが知られており、当然、慎重に処置をし、術前に抗生剤も投与されていた。医療上はしっかりした考えと標準的なやり方で行っており、大きな問題点はなかった。しかし、感染が起こり、繰り返し患者さんは大変な苦痛を強いられたわけである。ある意味、「文句」言われても仕方がない状況であった。

その患者さんに来て頂いて、説明をすることになった。冒頭、私は立ち上がって、「このたびは大変な苦痛を強いることになり大変申し訳ありませんでした」と患者さんにお詫びした。そしたら、患者さんの顔がパッと明るくなり、「その一言を聞きたかったのよ。主治医が謝らないから、怒っていたのよ」。その後、いろいろの説明はいらない位であった。

その一回の交渉で、事態は解決した。その医長さんは、その夜スッタフ共々、美味しい食事とお酒を頂いたそうだ。翌日、私の所にみえて、「先生がパッと立って、謝られたのでびっくりした。我々は先輩から、軽々しく謝るな。裁判になったとき、不利になるぞと聞かされてきた、それで今まで、謝罪の言葉を避けてきた。謝っても良いのですか」と。

その時代(14~15年前)、確かにそのような考えもあったように思う。しかし、患者さんに苦痛を与えたことは事実なので、まずそのことは謝罪をする。その上で、医学的、医療上のことはしっかり検証し、こちらに非があれば、それなりの責任を取ることになると話した。今は、一般的になったが、その時代においては、そんなふうであった。

その後まもなく、リスク担当の専任看護師長が配置された(H14年)。院内で問題が起こると、すぐ飛んで行って事態を把握、必要なアドバイスをするようになった。現場スタッフは起こるトラブルを全て経験しているわけではない、経験を蓄積した部署が必要なことは当然であった。

平成26年2月17日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.51)「田舎医者の流儀(26)・・・縦・横(その2)」

その後、院内のトラブルがよく持ち込まれるようになった。ある古参の医長さんが「A科の医長さんが患者さんから責められて、一ヶ月位食事ものどを通らず、痩せこけていますよ。先生にすぐ相談するようにと話しておきました」と言ってきた。早速、その医長さんを呼んで、話を聞いた。「癌の疑いがあり、生検をした。その後、感染が起こり、熱発した。抗生剤で一旦よくなったが、再発を繰り返した。患者さんは怒って、対応に苦慮している」との事。

もちろん事実関係の正確な把握が必要であるので、詳しい調査をした。その部位の生検は感染を起こすことが知られており、当然、慎重に処置をし、術前に抗生剤も投与されていた。医療上はしっかりした考えと標準的なやり方で行っており、大きな問題点はなかった。しかし、感染が起こり、繰り返し患者さんは大変な苦痛を強いられたわけである。ある意味、「文句」言われても仕方がない状況であった。

その患者さんに来て頂いて、説明をすることになった。冒頭、私は立ち上がって、「このたびは大変な苦痛を強いることになり大変申し訳ありませんでした」と患者さんにお詫びした。そしたら、患者さんの顔がパッと明るくなり、「その一言を聞きたかったのよ。主治医が謝らないから、怒っていたのよ」。その後、いろいろの説明はいらない位であった。

その一回の交渉で、事態は解決した。その医長さんは、その夜スッタフ共々、美味しい食事とお酒を頂いたそうだ。翌日、私の所にみえて、「先生がパッと立って、謝られたのでびっくりした。我々は先輩から、軽々しく謝るな。裁判になったとき、不利になるぞと聞かされてきた、それで今まで、謝罪の言葉を避けてきた。謝っても良いのですか」と。

その時代(14~15年前)、確かにそのような考えもあったように思う。しかし、患者さんに苦痛を与えたことは事実なので、まずそのことは謝罪をする。その上で、医学的、医療上のことはしっかり検証し、こちらに非があれば、それなりの責任を取ることになると話した。今は、一般的になったが、その時代においては、そんなふうであった。

その後まもなく、リスク担当の専任看護師長が配置された(H14年)。院内で問題が起こると、すぐ飛んで行って事態を把握、必要なアドバイスをするようになった。現場スタッフは起こるトラブルを全て経験しているわけではない、経験を蓄積した部署が必要なことは当然であった。

平成26年2月17日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦