独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 9月 2014

薬剤師募集について(終了)

下記応募資格をお持ちの方を対象に採用試験(面接)を実施します。実施要領等をご確認のうえ、応募してください。

 ◎応募資格  ・薬剤師免許をお持ちの方   ・平成27年3月31日までに必ず就職できる方

 ◎実施要領(薬剤師) ← クリック

 ◎願書(薬剤師)← クリック

 

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

庶務班長 黒木嘉文

TEL:0993-22-2231(内線230)

 

 

 

 

指宿 菜の花通信(No.60)「田舎医者の流儀(35)・・・もったいない」

8月末、いつものように家を出てJR指宿線06:22発で、指宿に向かおうとした。しかし、未明の豪雨で運休になっていた。喜入までの列車が06:33に出るとのこと、とりあえず目的地に近づこうと乗り込んだ。喜入には遅れたがなんとか到着した。そこから指宿行きは遅れて発車、更に25Km/時速の徐行運転、自転車並の速度で、指宿に着いたのは午前9時であった。都合3時間かかった。いつもは7:30頃着いているので、2倍かかったことになる。JR指宿線は山沿いを走るので、こうしたことはたびたびある。最近、土砂降りが多いので運休になることも多い、生活・観光路線なので影響は大きい。

今年の夏は豪雨、日照不足など異常気象が続いている。先月は広島で豪雨、山崩れで70余名の人命が失われた。北海道でも豪雨、山崩れで被害が出ている。6月、東京で季節外れの雹(ひょう)が降り、道路が氷で覆われた。各地で観測史上最高雨量が観測されたとの報道が相次いでいる。日本のみではない、米国西海岸は極端な雨不足、東海岸側(ニューヨークなど)は季節外れの大雪に見舞われた。フイリッピンはスーパー台風にたびたび襲われている。あげればキリがないくらい異常気象が報告されている。

地球温暖化が叫ばれて久しい。北極海の氷が極端に減少、高い山の氷河も溶けだしてきている。アマゾン川流域の熱帯雨林は伐採により、どんどん減少してきている。主要な原因は人間の活動によるCO₂増加が考えられている。一部の頑迷な学者がCO₂原因説に依然として反対しているが、世界中の学者、政治家はこの温暖化の現実を受け入れ、早急にCO₂削減を行う方向にある。このままいくと地球は「温暖化地獄」に向かうと考えられるようになってきた。

しかし、世界的なCO₂削減はなかなか進まない。発展途上国は先進国がまず削減すべきと主張、先進国側も経済優先で削減が進まない。限界に来ている資本主義の右肩上がりを信じ、その方向性の政策がとられる限りCO₂削減は難しい。地球環境は猶予ならない状況にあり、限界を超えているとの認識がない限り地球の未来はない。

エネルギーを使わない生活、我々日本人が元々の持っている「もったいない」の生活理念が今こそ必要だ。日常生活でこまめに電気を消す、食事と運動で病をコントロール、薬剤量を減らす(薬を作るのもエネルギーを使う)、物をできるだけ買わない、出来ることをこまめにやりたい。ゴルフの時、電動カートに乗らない・・・これはちょっと辛いな、現実は厳しい・・・。

平成26年9月9日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

薬剤師募集について(終了)

下記応募資格をお持ちの方を対象に採用試験(面接)を実施します。実施要領等をご確認のうえ、応募してください。

 ◎応募資格  ・薬剤師免許をお持ちの方   ・平成27年3月31日までに必ず就職できる方

 ◎実施要領(薬剤師) ← クリック

 ◎願書(薬剤師)← クリック

 

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

庶務班長 黒木嘉文

TEL:0993-22-2231(内線230)

 

 

 

 

指宿 菜の花通信(No.60)「田舎医者の流儀(35)・・・もったいない」

8月末、いつものように家を出てJR指宿線06:22発で、指宿に向かおうとした。しかし、未明の豪雨で運休になっていた。喜入までの列車が06:33に出るとのこと、とりあえず目的地に近づこうと乗り込んだ。喜入には遅れたがなんとか到着した。そこから指宿行きは遅れて発車、更に25Km/時速の徐行運転、自転車並の速度で、指宿に着いたのは午前9時であった。都合3時間かかった。いつもは7:30頃着いているので、2倍かかったことになる。JR指宿線は山沿いを走るので、こうしたことはたびたびある。最近、土砂降りが多いので運休になることも多い、生活・観光路線なので影響は大きい。

今年の夏は豪雨、日照不足など異常気象が続いている。先月は広島で豪雨、山崩れで70余名の人命が失われた。北海道でも豪雨、山崩れで被害が出ている。6月、東京で季節外れの雹(ひょう)が降り、道路が氷で覆われた。各地で観測史上最高雨量が観測されたとの報道が相次いでいる。日本のみではない、米国西海岸は極端な雨不足、東海岸側(ニューヨークなど)は季節外れの大雪に見舞われた。フイリッピンはスーパー台風にたびたび襲われている。あげればキリがないくらい異常気象が報告されている。

地球温暖化が叫ばれて久しい。北極海の氷が極端に減少、高い山の氷河も溶けだしてきている。アマゾン川流域の熱帯雨林は伐採により、どんどん減少してきている。主要な原因は人間の活動によるCO₂増加が考えられている。一部の頑迷な学者がCO₂原因説に依然として反対しているが、世界中の学者、政治家はこの温暖化の現実を受け入れ、早急にCO₂削減を行う方向にある。このままいくと地球は「温暖化地獄」に向かうと考えられるようになってきた。

しかし、世界的なCO₂削減はなかなか進まない。発展途上国は先進国がまず削減すべきと主張、先進国側も経済優先で削減が進まない。限界に来ている資本主義の右肩上がりを信じ、その方向性の政策がとられる限りCO₂削減は難しい。地球環境は猶予ならない状況にあり、限界を超えているとの認識がない限り地球の未来はない。

エネルギーを使わない生活、我々日本人が元々の持っている「もったいない」の生活理念が今こそ必要だ。日常生活でこまめに電気を消す、食事と運動で病をコントロール、薬剤量を減らす(薬を作るのもエネルギーを使う)、物をできるだけ買わない、出来ることをこまめにやりたい。ゴルフの時、電動カートに乗らない・・・これはちょっと辛いな、現実は厳しい・・・。

平成26年9月9日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦