独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 9月 2016

10月マタニティーヨガ教室開催のお知らせ

指宿医療センターでは、指宿市のご協力のもと、当院通院中の妊婦さんを対象としたヨガ教室を開催いたしております。 ヨガの呼吸法、リラックス法には妊娠中の体調不良の改善効果、お産が楽になる効果があります。また妊娠中の運動不足やストレス解消にも役立ちます。どの妊娠週数でも参加可能ですので、多数のご参加をお待ちしております。

日 時: 平成28年10月26日(水)15時~(1時間程度)

場 所: 指宿医療センター リハビリテーション室

講 師: 前田 ことみ 先生 (指宿市役所)

参加費: 無料

平成28年度マタニティ-ヨガ教室日程

※参加ご希望の妊婦さんは産婦人科外来で申し込みを行ってください。

※水分補給のための飲料水、保温や動作時の補助具として用いるハーフケットをご持参ください。

国立病院機構指宿医療センター 産婦人科

℡:0993-22-2231(代表)

↓ご参照ください 「マタニティーヨガ教室のページへ

指宿 菜の花通信(No.87)「田舎医者の流儀(62)・・・来年の研修医増えそう」

 9月19日夜半から20日未明にかけて、鹿児島は台風16号に襲われた。20日未明は鹿児島市内でも風が強かった。鹿児島中央駅前の大きな楠の木の枝が落ちていた。この日は指宿に行く日であったが、当然、JRは運休で、バスで行くことにした。喜入を過ぎたあたりから、道路沿いの大きな木が倒れていた。病院に着くと、同僚の医師が「昨夜~今朝の風は強かった。家が揺れて、久しぶりに怖い思いをした」と話してくれた。

 この日は指宿岩崎ホテルに泊まったが、数本の枇榔の木が根元から折れ、今年、花がいっぱい咲いたメラレウカの木(本通信No.82)も大きな枝が落ちていた。受診に来た農家の話は深刻だった。「先生、オクラが強風で倒された上に、潮風にやられ、今年の収穫は見込めないよ。薬代も事欠きそうだ。安い薬にしておいてよ」と云う。オクラは指宿の主要な農産物の一つで、貴重な現金収入をもたらす作物である。指宿・枕崎線、山川~枕崎間は倒木などで復旧に3日間かかった。垂水市では大雨で土砂崩れが発生し、家が埋まり、更に橋が崩壊し道路が寸断されている。地元紙は1週間経っても、ライフラインの復旧が出来ていない地区があると伝えている。

 9月23日、来年度の初期臨床研修医の中間マッチングの結果が発表になった。現在、医師になるためには医学部卒業、国家試験合格後、2年間の初期臨床研修が義務づけられている。来年3月卒業予定の医学生は4月からの研修病院(国が指定している)の希望を出し、病院との調整を行う。10月に最終マッチが行われるが、この中間発表を受けて、学生側は定員オーバー、不足の病院の状況を見て、最終的な研修希望病院を出していく。勿論、鹿児島大学医学部出身者が県外の研修病院を選んでも良い。

 本県で初期研修を受けると、その後の専門研修も本県で受ける可能性が大きくなり、若手医師が多くなり、地方医療機関への医師派遣も可能になる。従って、医師確保の観点から、本県での初期臨床研修医の「数の確保」は重視される。中間発表の時点で本県のマッチ者数は112名で昨年より21名も多かった。中間マッチ者数より翌年研修医が少なかったことは過去12年間で1回しかなく、それも1名少ないのみである。そんなことで来年度の本県の初期研修医数は悲願の3桁を達成しそうだ。平成16年新しい研修医制度が出来て以来、若手医師の都会への流出が続いてきた。その事態を何とか改善したいと平成21年に鹿児島県初期臨床研修連絡協議会が組織され、行政、大学、各研修病院、医師会がそれぞれの努力をしてきた。やっと、平成16年以前の若手医師数の確保にたどり着いたと言えるのか。

平成28年9月27日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

メンテナンスに伴うメールサーバ一時停止のお知らせ

関係者各位

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。
この度、メールサーバのメンテナンスに伴い、下記の日程にて「@ibusuki2.hosp.go.jp」のメールアドレスが一時的に使えなくなります。
該当アドレスへ期間中にメールを送信した際は、送信エラーになりますので、翌日に再送して頂きますようお願い申し上げます。

ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

■日程
平成28年9月25日(日)12:00~18:00
※状況に応じて、予告なく停止時間を延長する場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

10月マタニティーヨガ教室開催のお知らせ

指宿医療センターでは、指宿市のご協力のもと、当院通院中の妊婦さんを対象としたヨガ教室を開催いたしております。 ヨガの呼吸法、リラックス法には妊娠中の体調不良の改善効果、お産が楽になる効果があります。また妊娠中の運動不足やストレス解消にも役立ちます。どの妊娠週数でも参加可能ですので、多数のご参加をお待ちしております。

日 時: 平成28年10月26日(水)15時~(1時間程度)

場 所: 指宿医療センター リハビリテーション室

講 師: 前田 ことみ 先生 (指宿市役所)

参加費: 無料

平成28年度マタニティ-ヨガ教室日程

※参加ご希望の妊婦さんは産婦人科外来で申し込みを行ってください。

※水分補給のための飲料水、保温や動作時の補助具として用いるハーフケットをご持参ください。

国立病院機構指宿医療センター 産婦人科

℡:0993-22-2231(代表)

↓ご参照ください 「マタニティーヨガ教室のページへ

指宿 菜の花通信(No.87)「田舎医者の流儀(62)・・・来年の研修医増えそう」

 9月19日夜半から20日未明にかけて、鹿児島は台風16号に襲われた。20日未明は鹿児島市内でも風が強かった。鹿児島中央駅前の大きな楠の木の枝が落ちていた。この日は指宿に行く日であったが、当然、JRは運休で、バスで行くことにした。喜入を過ぎたあたりから、道路沿いの大きな木が倒れていた。病院に着くと、同僚の医師が「昨夜~今朝の風は強かった。家が揺れて、久しぶりに怖い思いをした」と話してくれた。

 この日は指宿岩崎ホテルに泊まったが、数本の枇榔の木が根元から折れ、今年、花がいっぱい咲いたメラレウカの木(本通信No.82)も大きな枝が落ちていた。受診に来た農家の話は深刻だった。「先生、オクラが強風で倒された上に、潮風にやられ、今年の収穫は見込めないよ。薬代も事欠きそうだ。安い薬にしておいてよ」と云う。オクラは指宿の主要な農産物の一つで、貴重な現金収入をもたらす作物である。指宿・枕崎線、山川~枕崎間は倒木などで復旧に3日間かかった。垂水市では大雨で土砂崩れが発生し、家が埋まり、更に橋が崩壊し道路が寸断されている。地元紙は1週間経っても、ライフラインの復旧が出来ていない地区があると伝えている。

 9月23日、来年度の初期臨床研修医の中間マッチングの結果が発表になった。現在、医師になるためには医学部卒業、国家試験合格後、2年間の初期臨床研修が義務づけられている。来年3月卒業予定の医学生は4月からの研修病院(国が指定している)の希望を出し、病院との調整を行う。10月に最終マッチが行われるが、この中間発表を受けて、学生側は定員オーバー、不足の病院の状況を見て、最終的な研修希望病院を出していく。勿論、鹿児島大学医学部出身者が県外の研修病院を選んでも良い。

 本県で初期研修を受けると、その後の専門研修も本県で受ける可能性が大きくなり、若手医師が多くなり、地方医療機関への医師派遣も可能になる。従って、医師確保の観点から、本県での初期臨床研修医の「数の確保」は重視される。中間発表の時点で本県のマッチ者数は112名で昨年より21名も多かった。中間マッチ者数より翌年研修医が少なかったことは過去12年間で1回しかなく、それも1名少ないのみである。そんなことで来年度の本県の初期研修医数は悲願の3桁を達成しそうだ。平成16年新しい研修医制度が出来て以来、若手医師の都会への流出が続いてきた。その事態を何とか改善したいと平成21年に鹿児島県初期臨床研修連絡協議会が組織され、行政、大学、各研修病院、医師会がそれぞれの努力をしてきた。やっと、平成16年以前の若手医師数の確保にたどり着いたと言えるのか。

平成28年9月27日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

メンテナンスに伴うメールサーバ一時停止のお知らせ

関係者各位

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。
この度、メールサーバのメンテナンスに伴い、下記の日程にて「@ibusuki2.hosp.go.jp」のメールアドレスが一時的に使えなくなります。
該当アドレスへ期間中にメールを送信した際は、送信エラーになりますので、翌日に再送して頂きますようお願い申し上げます。

ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

■日程
平成28年9月25日(日)12:00~18:00
※状況に応じて、予告なく停止時間を延長する場合がありますので、あらかじめ御了承ください。