独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 12月 2017

指宿 菜の花通信(No.103)「田舎医者の流儀(78)・・・ナオミの警告」

 地球温暖化を危惧する意見が新聞、雑誌に毎日のように掲載されている。先月中旬、世界中の科学者15000人以上(ノーベル物理学賞受賞・梶田隆章さん等)が署名する「地球温暖化や自然破壊による破滅的な被害を防ぐため、人類は一刻も早く持続可能な暮らしに転換する必要がある」とする声明が、米科学雑誌に発表されたという。声明では「被害が拡大するのを防ぐため、石炭など化石燃料への投資や支援をやめるよう各国政府に提言。森林や海を守り、環境破壊につながる消費を控えるよう求めている」。

 「1970年代の10年間に世界中で報告された干ばつ、洪水、異常気温、山火事、暴風雨などの自然災害は660件だったが、2000年代にはその数は3322件と、実に5倍に増えている。たった30年間でこれだけ増加したのは驚くべきことだ。そのすべての原因が地球溫暖化にあるとはもちろん言えないものの、気候変動の影響は明らかに見てとれる」。「私たちは誰しも、気候学者の97%が言っていることと彼らが書いた無数の査読ずみ論文、そして世界銀行やIEA(国際エネルギー機関)のような確立された組織は言うまでもなく 世界各国のすベての国立科学アカデミ—の言っていることを信じるべきだと、私は考える。それらはすべて、私たちが壊滅的なレベルの温暖化に向かっていることを教えている。」(ナオミ・クライン著、幾島幸子・荒井雅子訳『これが全てを変える 資本主義VS.気候変動』岩波書店、2017年)

 ナオミ・クラインの本は上下巻で630ページに及び、正確にその内容を把握するのはボケ始めた頭にはなかなか難儀である。よく理解していないような気がしたので、二度読みした。それで、やっと書いてある事は大凡判ったような気がする。彼女は温暖化の原因、現状、対策などあらゆるものを取材、分析し、このままでは地球が我々の住めない星になってしまうと強く警告する。彼女が前著「ショック・ドクトリンー惨事便乗型資本主義の正体を暴く」(幾島幸子・村上由見子訳、岩波書店、2011年)で明らかにした現代資本主義の暗部も衝撃的であったが、この本も同様である。

 石炭、石油など化石燃料を燃やし続けていたら、温暖化は止められない。再生エネルギー(風力、太陽熱など)に転換し、CO₂の発生を抑えるべきである。それによりエネルギー不足は起こらないと、多くの学者が試算をしている。EU諸国は再生エネルギーへの転換を進めている。一方、わが日本政府・財界は石炭発電所を20か所も輸出しようとし、日本の銀行は化石燃料企業に莫大な投資をしている。目の前の利益に固守、地球温暖化に向き合わない日本政府の姿勢に世界の厳しい目が注がれ始めている。そんな事実に我々はしっかり向き合うべきだと思う。

平成29年12月19日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

1月マタニティーヨガ教室開催のお知らせ

指宿医療センターでは、指宿市のご協力のもと、当院通院中の妊婦さんを対象としたヨガ教室を開催いたしております。 ヨガの呼吸法、リラックス法には妊娠中の体調不良の改善効果、お産が楽になる効果があります。また妊娠中の運動不足やストレス解消にも役立ちます。どの妊娠週数でも参加可能、また小さなお子様連れでも参加可能ですので、多数のご参加をお待ちしております。

日 時: 平成30年1月24日(水)15時~(1時間程度)

場 所: 指宿医療センター リハビリテーション室

講 師: 前田 ことみ 先生 (指宿市役所)

参加費: 無料

平成29年度マタニティ-ヨガ教室日程

※参加ご希望の妊婦さんは産婦人科外来で申し込みを行ってください。

※水分補給のための飲料水、保温や動作時の補助具として用いるハーフケットをご持参ください。

※会場にキッズスペースを設けますので、小さなお子様連れの方も安心してご参加いただけます。

国立病院機構指宿医療センター 産婦人科
℡:0993-22-2231(代表)

↓ご参照ください 「マタニティーヨガ教室のページへ

指宿 菜の花通信(No.102)「田舎医者の流儀(77)・・・蜂蜜」

 11月に蜂蜜が取れた。昨年、知人のSさんが小山田の農園にミツバチの巣箱2個を置いた。彼は他にも5か所に巣箱を置いていて、蜂蜜取りのベテランだ。農園の片隅に離して2個の巣箱が置かれた。2個ともミツバチが入ってくると思っていたら、一方にはどんどん入るのに、片一方には全く寄り付かない。働きバチが偵察に来て、この巣箱は巣作りに適しているか観察するらしい、気に入ったらそこに巣作りを始める。結果的には2個の巣箱のうち一個のみに巣作りをして、もう片方には全く寄り付かなかった。(Sさんの話の受け売り)

 秋になると、スズメバチがミツバチを狙って来るようになった。ミツバチはパニックになり、巣箱の中に逃げ込む。巣箱の下方にミツバチが入れるような小さな隙間があり、大きなハチはそこからは侵入できない。働き者のミツバチたちはスズメバチの攻撃を避けながら、巣作りに励む。Sさんはスズメバチ対策で巣箱の上にハエ取り紙みたいなものを置いた。不思議なことにスズメバチはかかるのに、ミツバチは殆どかからない。巣箱の下側に置くと、両方ともかかるらしい。よく見ていると、ミツバチは巣箱の下側の入り口方向に飛んできて、巣箱の上方向には向かわない。スズメバチは箱の周りをうろつくのでその習性の差が出ているのかなと思う。

 11月中旬、Sさんがそろそろ蜂蜜を採りましょうとやってきた。私も興味があったので、ハチ除けの防具をつけて作業を見守った。蜜の詰まったハチの巣が結構な量とれた。食べると甘いが大変おいしい。家に持ち帰り、パンにつけて食べると大変おいしく、一時その味を楽しんだ。巣を取られたミツバチは巣箱を元に戻すとすごい勢いで中に入っていく。何千匹(?)もの働きバチが巣に戻った感じだ。ありがとうミツバチさん 美味しかったよ 来年もよろしく!!という感じだ。

 21世紀の初めごろより、ミツバチの減少が知られるようになってきた。蜂群崩壊症候群といって、ハチが忽然と消えてしまう現象も報告され、その原因は農薬、気候変動、ダニなどの害虫など考えられているが結論に至っていない。ミツバチはただ“はちみつ”を作るだけでなく、いちご、メロンなどの果物栽培の花粉交配という役割をも担っている。農作物の35%はミツバチの受粉によって実をつけ、大いなる恩恵を受けているのだそうだ。従って、ミツバチがいなくなると食料生産に深刻な大きな影響が出てくる可能性があるのだそうだ。

 地球環境の悪化はまず小動物に現れるだろう。ハチさんが住めなくなった環境はそのままヒトの生存の危機に直結していくのであろう。

平成29年12月5日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

第5回指宿医療センター市民公開講座レポート

平成29年11月26日、指宿市民会館大ホールにおきまして、第5回指宿医療センター市民公開講座が開催されました。5回目となる今回は「家庭の医学~身近な病気の予防と対策~」をテーマに3名の医師と2名の認定看護師が講演を行いました。当日は雨天にも関わらず220名の市民の皆様にご来場いただきました。

講演①「意外と身近な肝臓病」

講師 指宿医療センター消化器科医長 大重 彰彦

C型肝炎の治療法や治療薬についての解説、またインターフェロンフリーという新しい治療法について紹介を行いました。またアルコールの摂取量についても適度な摂取を心がけるよう呼びかけました。

講演PDF(講演①)のダウンロード

講演②「脳梗塞をひきおこす不整脈について」

講師 指宿医療センター循環器科部長 川畑 和代

心房細動により発生する血栓が脳梗塞をひきおこすリスクがあることを解説し、生活習慣の改善や定期的な検診について呼びかけました。

講演PDF(講演②)のダウンロード

講演③「家庭でできる創の管理」

講師 指宿医療センター外科部長 宮薗 太志

傷が治癒していく過程をわかりやすく解説し、外傷や火傷、ムカデに咬まれた時などの対処法について講義しました。消毒薬は体を治そうとする細胞まで殺してしまうので使用しない方がよいという説明に、来場者から驚きの声も上がりました。

講演PDF(講演③)のダウンロード

講演④「その症状つらくないですか?-尿失禁の対策-」

講師 指宿医療センター皮膚・排泄ケア認定看護師 松永 真理亜

尿失禁の種類やそのメカニズムについて解説し、治療法や予防体操、ケア用品の選び方について講義しました。

講演PDF(講演④)のダウンロード

講演⑤「楽しく一緒に認知症予防」

講師 指宿医療センター認知症看護認定看護師 木佐貫 真子

認知症の種類や老化による物忘れとの違いについて解説し、予防のために禁煙や運動などの生活習慣の改善の必要性について講義しました。ご来場者の皆さんと一緒に、頭と体を同時に使う予防体操も実践しました。

講演PDF(講演⑤)のダウンロード

12月マタニティーヨガ教室開催のお知らせ

指宿医療センターでは、指宿市のご協力のもと、当院通院中の妊婦さんを対象としたヨガ教室を開催いたしております。 ヨガの呼吸法、リラックス法には妊娠中の体調不良の改善効果、お産が楽になる効果があります。また妊娠中の運動不足やストレス解消にも役立ちます。どの妊娠週数でも参加可能、また小さなお子様連れでも参加可能ですので、多数のご参加をお待ちしております。

日 時: 平成29年12月20日(水)15時~(1時間程度)

場 所: 指宿医療センター リハビリテーション室

講 師: 前田 ことみ 先生 (指宿市役所)

参加費: 無料

平成29年度マタニティ-ヨガ教室日程

※参加ご希望の妊婦さんは産婦人科外来で申し込みを行ってください。

※水分補給のための飲料水、保温や動作時の補助具として用いるハーフケットをご持参ください。

※会場にキッズスペースを設けますので、小さなお子様連れの方も安心してご参加いただけます。

国立病院機構指宿医療センター 産婦人科
℡:0993-22-2231(代表)

↓ご参照ください 「マタニティーヨガ教室のページへ

当院紹介 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 施設マップ 新病棟のご紹介 新病棟建設工事の進捗状況 ヘリポート 地域医療研修センター 臨床研修 イベントカレンダー 出前講座 心不全学習会
診療のご案内 初めて受診される方へ 初めて入院される方へ 今月の外来担当医師 専門外来担当医師・診療時間 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 物忘れ外来 母乳外来
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科 腎臓内科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標
お知らせ アクセス お問い合わせ
採用情報 医師募集 ボランティア募集 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.103)「田舎医者の流儀(78)・・・ナオミの警告」

 地球温暖化を危惧する意見が新聞、雑誌に毎日のように掲載されている。先月中旬、世界中の科学者15000人以上(ノーベル物理学賞受賞・梶田隆章さん等)が署名する「地球温暖化や自然破壊による破滅的な被害を防ぐため、人類は一刻も早く持続可能な暮らしに転換する必要がある」とする声明が、米科学雑誌に発表されたという。声明では「被害が拡大するのを防ぐため、石炭など化石燃料への投資や支援をやめるよう各国政府に提言。森林や海を守り、環境破壊につながる消費を控えるよう求めている」。

 「1970年代の10年間に世界中で報告された干ばつ、洪水、異常気温、山火事、暴風雨などの自然災害は660件だったが、2000年代にはその数は3322件と、実に5倍に増えている。たった30年間でこれだけ増加したのは驚くべきことだ。そのすべての原因が地球溫暖化にあるとはもちろん言えないものの、気候変動の影響は明らかに見てとれる」。「私たちは誰しも、気候学者の97%が言っていることと彼らが書いた無数の査読ずみ論文、そして世界銀行やIEA(国際エネルギー機関)のような確立された組織は言うまでもなく 世界各国のすベての国立科学アカデミ—の言っていることを信じるべきだと、私は考える。それらはすべて、私たちが壊滅的なレベルの温暖化に向かっていることを教えている。」(ナオミ・クライン著、幾島幸子・荒井雅子訳『これが全てを変える 資本主義VS.気候変動』岩波書店、2017年)

 ナオミ・クラインの本は上下巻で630ページに及び、正確にその内容を把握するのはボケ始めた頭にはなかなか難儀である。よく理解していないような気がしたので、二度読みした。それで、やっと書いてある事は大凡判ったような気がする。彼女は温暖化の原因、現状、対策などあらゆるものを取材、分析し、このままでは地球が我々の住めない星になってしまうと強く警告する。彼女が前著「ショック・ドクトリンー惨事便乗型資本主義の正体を暴く」(幾島幸子・村上由見子訳、岩波書店、2011年)で明らかにした現代資本主義の暗部も衝撃的であったが、この本も同様である。

 石炭、石油など化石燃料を燃やし続けていたら、温暖化は止められない。再生エネルギー(風力、太陽熱など)に転換し、CO₂の発生を抑えるべきである。それによりエネルギー不足は起こらないと、多くの学者が試算をしている。EU諸国は再生エネルギーへの転換を進めている。一方、わが日本政府・財界は石炭発電所を20か所も輸出しようとし、日本の銀行は化石燃料企業に莫大な投資をしている。目の前の利益に固守、地球温暖化に向き合わない日本政府の姿勢に世界の厳しい目が注がれ始めている。そんな事実に我々はしっかり向き合うべきだと思う。

平成29年12月19日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

1月マタニティーヨガ教室開催のお知らせ

指宿医療センターでは、指宿市のご協力のもと、当院通院中の妊婦さんを対象としたヨガ教室を開催いたしております。 ヨガの呼吸法、リラックス法には妊娠中の体調不良の改善効果、お産が楽になる効果があります。また妊娠中の運動不足やストレス解消にも役立ちます。どの妊娠週数でも参加可能、また小さなお子様連れでも参加可能ですので、多数のご参加をお待ちしております。

日 時: 平成30年1月24日(水)15時~(1時間程度)

場 所: 指宿医療センター リハビリテーション室

講 師: 前田 ことみ 先生 (指宿市役所)

参加費: 無料

平成29年度マタニティ-ヨガ教室日程

※参加ご希望の妊婦さんは産婦人科外来で申し込みを行ってください。

※水分補給のための飲料水、保温や動作時の補助具として用いるハーフケットをご持参ください。

※会場にキッズスペースを設けますので、小さなお子様連れの方も安心してご参加いただけます。

国立病院機構指宿医療センター 産婦人科
℡:0993-22-2231(代表)

↓ご参照ください 「マタニティーヨガ教室のページへ

指宿 菜の花通信(No.102)「田舎医者の流儀(77)・・・蜂蜜」

 11月に蜂蜜が取れた。昨年、知人のSさんが小山田の農園にミツバチの巣箱2個を置いた。彼は他にも5か所に巣箱を置いていて、蜂蜜取りのベテランだ。農園の片隅に離して2個の巣箱が置かれた。2個ともミツバチが入ってくると思っていたら、一方にはどんどん入るのに、片一方には全く寄り付かない。働きバチが偵察に来て、この巣箱は巣作りに適しているか観察するらしい、気に入ったらそこに巣作りを始める。結果的には2個の巣箱のうち一個のみに巣作りをして、もう片方には全く寄り付かなかった。(Sさんの話の受け売り)

 秋になると、スズメバチがミツバチを狙って来るようになった。ミツバチはパニックになり、巣箱の中に逃げ込む。巣箱の下方にミツバチが入れるような小さな隙間があり、大きなハチはそこからは侵入できない。働き者のミツバチたちはスズメバチの攻撃を避けながら、巣作りに励む。Sさんはスズメバチ対策で巣箱の上にハエ取り紙みたいなものを置いた。不思議なことにスズメバチはかかるのに、ミツバチは殆どかからない。巣箱の下側に置くと、両方ともかかるらしい。よく見ていると、ミツバチは巣箱の下側の入り口方向に飛んできて、巣箱の上方向には向かわない。スズメバチは箱の周りをうろつくのでその習性の差が出ているのかなと思う。

 11月中旬、Sさんがそろそろ蜂蜜を採りましょうとやってきた。私も興味があったので、ハチ除けの防具をつけて作業を見守った。蜜の詰まったハチの巣が結構な量とれた。食べると甘いが大変おいしい。家に持ち帰り、パンにつけて食べると大変おいしく、一時その味を楽しんだ。巣を取られたミツバチは巣箱を元に戻すとすごい勢いで中に入っていく。何千匹(?)もの働きバチが巣に戻った感じだ。ありがとうミツバチさん 美味しかったよ 来年もよろしく!!という感じだ。

 21世紀の初めごろより、ミツバチの減少が知られるようになってきた。蜂群崩壊症候群といって、ハチが忽然と消えてしまう現象も報告され、その原因は農薬、気候変動、ダニなどの害虫など考えられているが結論に至っていない。ミツバチはただ“はちみつ”を作るだけでなく、いちご、メロンなどの果物栽培の花粉交配という役割をも担っている。農作物の35%はミツバチの受粉によって実をつけ、大いなる恩恵を受けているのだそうだ。従って、ミツバチがいなくなると食料生産に深刻な大きな影響が出てくる可能性があるのだそうだ。

 地球環境の悪化はまず小動物に現れるだろう。ハチさんが住めなくなった環境はそのままヒトの生存の危機に直結していくのであろう。

平成29年12月5日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

第5回指宿医療センター市民公開講座レポート

平成29年11月26日、指宿市民会館大ホールにおきまして、第5回指宿医療センター市民公開講座が開催されました。5回目となる今回は「家庭の医学~身近な病気の予防と対策~」をテーマに3名の医師と2名の認定看護師が講演を行いました。当日は雨天にも関わらず220名の市民の皆様にご来場いただきました。

講演①「意外と身近な肝臓病」

講師 指宿医療センター消化器科医長 大重 彰彦

C型肝炎の治療法や治療薬についての解説、またインターフェロンフリーという新しい治療法について紹介を行いました。またアルコールの摂取量についても適度な摂取を心がけるよう呼びかけました。

講演PDF(講演①)のダウンロード

講演②「脳梗塞をひきおこす不整脈について」

講師 指宿医療センター循環器科部長 川畑 和代

心房細動により発生する血栓が脳梗塞をひきおこすリスクがあることを解説し、生活習慣の改善や定期的な検診について呼びかけました。

講演PDF(講演②)のダウンロード

講演③「家庭でできる創の管理」

講師 指宿医療センター外科部長 宮薗 太志

傷が治癒していく過程をわかりやすく解説し、外傷や火傷、ムカデに咬まれた時などの対処法について講義しました。消毒薬は体を治そうとする細胞まで殺してしまうので使用しない方がよいという説明に、来場者から驚きの声も上がりました。

講演PDF(講演③)のダウンロード

講演④「その症状つらくないですか?-尿失禁の対策-」

講師 指宿医療センター皮膚・排泄ケア認定看護師 松永 真理亜

尿失禁の種類やそのメカニズムについて解説し、治療法や予防体操、ケア用品の選び方について講義しました。

講演PDF(講演④)のダウンロード

講演⑤「楽しく一緒に認知症予防」

講師 指宿医療センター認知症看護認定看護師 木佐貫 真子

認知症の種類や老化による物忘れとの違いについて解説し、予防のために禁煙や運動などの生活習慣の改善の必要性について講義しました。ご来場者の皆さんと一緒に、頭と体を同時に使う予防体操も実践しました。

講演PDF(講演⑤)のダウンロード

12月マタニティーヨガ教室開催のお知らせ

指宿医療センターでは、指宿市のご協力のもと、当院通院中の妊婦さんを対象としたヨガ教室を開催いたしております。 ヨガの呼吸法、リラックス法には妊娠中の体調不良の改善効果、お産が楽になる効果があります。また妊娠中の運動不足やストレス解消にも役立ちます。どの妊娠週数でも参加可能、また小さなお子様連れでも参加可能ですので、多数のご参加をお待ちしております。

日 時: 平成29年12月20日(水)15時~(1時間程度)

場 所: 指宿医療センター リハビリテーション室

講 師: 前田 ことみ 先生 (指宿市役所)

参加費: 無料

平成29年度マタニティ-ヨガ教室日程

※参加ご希望の妊婦さんは産婦人科外来で申し込みを行ってください。

※水分補給のための飲料水、保温や動作時の補助具として用いるハーフケットをご持参ください。

※会場にキッズスペースを設けますので、小さなお子様連れの方も安心してご参加いただけます。

国立病院機構指宿医療センター 産婦人科
℡:0993-22-2231(代表)

↓ご参照ください 「マタニティーヨガ教室のページへ