独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

お知らせ

指宿 菜の花通信(No.106)「田舎医者の流儀(81)・・・春・旅立ち」

2018年4月2日(月) 菜の花通信


 春を待ちかねたように花が一斉に咲き始めた。農園では梅の白い花、しだれ梅のピンクの花が初めに咲いた。庭の片隅にスミレが鮮やかな紫色の花をつけ、冬の間枯れてしまったのかと思っていた翁草が赤紫色の花を咲かせた。花が垂れているので、中を覗いてみると鮮やかな黄色の芯とその中に更に暗紫色の芯がある。椿も赤、ピンク、白とそれぞれ咲き誇ってきた。「たのしみは 朝おきいでて 昨日まで 無かりし花の 咲けりを見る時」 (橘曙覧全歌集 P179)、歌人ほど深い想いをいだくことは出来ないが、凡人にもそれなりに楽しい。


 友人の後輩医師から、息子が医師国家試験に合格したとメールが入った。早くに奥さんを亡くし、幼少時より男手ひとつで育ててきた、いろいろの事があったのだろうが、あまり愚痴など聞いた事がない。「おめでとう、近いうちに一杯やろう。」とメールした。うちの孫殿も小学校に上るという。彼にどんな人生が待っているのか知るよしもないが、どの分野であれ一生懸命やれる事を見つけて、生きて欲しいと願う。


 春は木々も芽吹き、人もまた新しい旅立ちをする希望に胸膨らませる季節である。こんな3月は社会もまた明るい話題が主であって欲しい。しかし、新聞は国有地が著しい低価で払い下げられた件を連日大きく報道している。一般庶民の眼からはこんな事が何らの工作なしに行われたとは信じがたい。世論調査を見ても多くの国民が疑義を抱いている。これほどの事を「官僚」が勝手に行ったとし、行わせた側が責任を取ろうとしない。こんな不法行為を一官僚に出来るわけがない。末端で汚い仕事をさせられた官僚は「自死」に追い込まれた。公のために仕事しようと公務員になったのに悔しかっただろう。


 先日、国会でこの件に関する証人喚問が行われた。証人は訴追を理由に殆ど質問に答えなかった。なぜ行ったのか、誰の指示か等、何も明らかにならなかった。流れる映像を見ながら、証人にこんな態度をとらせる背後の大きな力に怒りを覚えざるを得ない。「政治家の関与」はなかったことのみを「明確に」証言させ、得意そうにしている議員もまた哀れである。証人は税の専門家として評価されていると報道されている。その能力を発揮して国民のために働いて欲しかった。この国の現状は人の能力を生かすような社会になっていないこと気づかされる。


 希望に燃えて、旅立つ若者たちがそのまま成長し、その能力が「公」と「民の幸せ」のために使われる社会であって欲しいと願う。


平成30年3月30日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦


当院紹介 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 施設マップ 新病棟のご紹介 新病棟建設工事の進捗状況 ヘリポート 地域医療研修センター 臨床研修 イベントカレンダー 出前講座 心不全学習会
診療のご案内 初めて受診される方へ 初めて入院される方へ 今月の外来担当医師 専門外来担当医師・診療時間 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 物忘れ外来 母乳外来
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標
お知らせ アクセス お問い合わせ
採用情報 医師募集 ボランティア募集 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.