独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

女性ホルモンと骨粗しょう症について

女性ホルモンと骨粗しょう症について

 女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、第二次性徴を開始させ月経を起こしたり、妊娠を維持したりといった働き以外にも、骨代謝、脂質代謝、血管機能など全身に作用することで、女性の健康維持に重要な役割を担っています。今回はこのうち「骨」に焦点を絞ってお話したいと思います。

 思春期頃になると卵巣からのエストロゲン分泌が始まり、初経(はじめての月経)を迎えますが、この頃にエストロゲンの働きにより骨密度が急速に増加し、骨が成熟していきます(図中①)。二十歳前後までの時期に十分な骨密度を獲得することは、将来の骨の健康のために重要です。また五十歳前後の時期にはどなたも閉経を迎えます。閉経とは言い換えればエストロゲンの分泌が著しく低下した状態です。エストロゲンには骨を作る細胞と壊す細胞の働きのバランスを調節するという機能があり、閉経後にはこのバランスが崩れて骨を壊す細胞の働きの方が強まります。女性の骨密度は閉経を境に右肩下がりに減少し始め(図中②)、若年女性の骨密度の平均値の7割以下にまで減少すると、骨粗しょう症と診断されます。骨粗しょう症とは弱い外力でも容易に骨折を来す状態であり、背骨の骨折や大腿骨の骨折を起こすことにより寝たきりの原因の一つにもなります。

 骨粗しょう症を予防するためには、まず自分の骨密度がどの程度であるかを知っておくことが大切です。骨密度はX線や超音波を使用する機器などで測定することができるので、検査を受けたことがない方は一度受けてみられることをお勧めします。若い方でも、初経の時期が遅かった方や、一時的に無月経の期間があったという方は、自分の現在の骨密度をあらかじめ知っておくことで、骨粗しょう症の予防対策を早めに開始できる可能性があり、きっと有益な情報になると思います。

 更年期障害の治療法の一つとして、低下したエストロゲンを補うことで症状を和らげるホルモン補充療法というものがあります。エストロゲンには骨密度の低下を予防する効果があり、更年期症状に対する治療と骨粗しょう症の予防を同時に行うことができます。もちろん女性ホルモン剤以外の治療法もあります。骨密度検査を希望する方、骨密度の低下を指摘されたことがある方は、一度産婦人科でご相談されることをお勧めします。

 

指宿市広報誌 平成27年10月号に掲載(一部改変)

当院について 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 新病棟のご紹介 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.