独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

たばこの害について

たばこの害について

  • 夫が1日20本以上喫煙する時の妻の肺がん死亡率は約2倍(平山雄 1983年)
  • 副流煙のほうが主流煙よりも有害物質を数倍多く含む(資料:旧厚生省「喫煙と健康」)
  • タバコの煙を吸わされている人の20人に1人は死亡する(松崎 1998年)
  • タバコの有害物質は化学物質4000種類、有害物質200種類、発癌物質43種類(タバコは「毒の缶詰」)
  • タバコ1日20本の喫煙数で、喫煙者6人に1人が肺癌死する(平成12年5月31日「世界禁煙デー記念シンポジウム」中央大会(厚生省などが主催)国立がんセンター発表)
  • タバコ1日20本以上、20年以上のんでいる人の発癌の危険性は、放射線を1回で11400mSv(ミリシーベルト)被曝した場合と同一である(Boice and Lubin(1996) Radiat Res 146)
  • 喫煙後、8時間は、タバコ由来の有毒物質が呼気中にでる(日経ネット2003/3/11記事)
  • タバコによる社会的損害は毎年5兆円(喫煙関連疾患による労働力損失・医療費、火災による損失等(医療経済研究機構「たばこ税増税の効果・影響等に関する調査研究報告書」2002年3月))

タバコの害

詳しくは、公益財団法人結核予防会のページもご覧ください。

当院について 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 新病棟のご紹介 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.