独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

指宿メッセージ No.12 新専門医制度が頓挫?

2016年7月5日(火) 指宿メッセージ

 来年度から始まる予定であった新専門医制度の延期を耳にした。「やっぱり、そうなったか」と思ってしまった。新専門医制度の必要性が末端の現場に伝わっていないからだ。先の新研修医制度が始まった時、地域医療の医師が激減し、危機的状況に陥った。最近やっと回復の兆しが見えだしたと思った矢先に新専門医制度が提案された。
 専門医を目指す医師には目標となる症例数(ポイント)が決められているため、症例数の多い都市部に若い医師は流れるのではないかと思われ、また地域医療の医師不足が加速される可能性がある。ただ、それでも新専門医制度が提案されていると言う事は真の専門医医師が育ってないという理由のためか。

 今も昔も、これからも、どんな制度であっても良い医者は良い医者になるし、ダメな医者はやっぱりダメでこれが制度を変える事で改善するとは思えない。
 良い医師の評価は、人気が有るかどうかで、患者さんの評価が一番である。これは結構厳しい現実で、これをもっと活用すれば、もっと良い医者が増えるのではないだろうか。

 我々は健康を商品とするサービス業であるため、厳しい消費者の目が最も大事である。新しい新専門医制度では、患者さんがどんな医者を求めるのか顧客の視点に立った日本独自の仕組みを構築してもらいたい。単なるやさしい先生でもダメで、配慮が有り、かつきちんとした専門的な見識を持ち備えている事が最も重要である。
 症例ポイントを増やすだけではなく、同じ患者さんと最後の最後までとことん付き合う事も良い医者になるための必要条件であると思っている。

平成28年7月4日

 国立病院機構指宿医療センター 院長
 田 中 康 博

当院紹介 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 施設マップ 新病棟のご紹介 新病棟建設工事の進捗状況 ヘリポート 地域医療研修センター 臨床研修 出前講座 心不全学習会 心不全教室(患者様対象)
診療のご案内 初めて受診される方へ 初めて入院される方へ 今月の外来担当医師 専門外来担当医師・診療時間 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 物忘れ外来 母乳外来
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科 腎臓内科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 透析室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症 これからママになるみなさんへ たばこの害について
情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 平成29年度 病院指標
最新情報 アクセス お問い合わせ
採用情報 医師募集 ボランティア募集 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.