独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

指宿 菜の花通信(No.105)「田舎医者の流儀(80)・・・冬・オリンピック」

2018年3月1日(木) 菜の花通信

 今年の冬は雪が多かった。北陸・福井では昭和56年以来、37年ぶりの豪雪という。車社会の中で突然(?)の豪雪に、多くの車が立ち往生、閉じ込められる事態となった。除雪もままならず、数十時間以上閉じ込められ、死亡事故も発生した。「便利さ」を基準にした現代の社会システム構築が災害時にはそのもろさを露呈する。

 南国鹿児島も雪を見る日が多く、高台にある私の農園も一面の雪であった。寒さに弱い南国育ちの植物は一回の雪で全滅してしまう。かつて、自宅に植えていたサクラランは花を咲かすまでに育っていたが、3年前の大雪で葉が凍傷にかかったみたいになり、全滅してしまった。今農園に植えているサクラランは霜除けの防風ネットを被せたり、一部は鉢植えにして屋内に避難している。持ちこたえられたかは判らない。源平かずら、ブーゲンベリアも寒さに弱い。それなりに保護したが、春になったら芽吹いて欲しいと祈っている。

 今、農園にいる動物はミツバチと小さな池のメダカである。水温が低くなるとメダカは底のほうに身を潜め、暖かい日に水温が上がると水面近くを泳ぎ回っている。ミツバチさんは全く外に出てこない。先日チェックに来た「ミツバチ屋さん」の話では中にはいっぱいハチさんがいるそうで、冬の間は食べるものをあげるのだそうだ。今年は池にオタマジャクシが孵化している。すぐ下が甲突川なので上がってきて卵を植えつけたのかもしれない。今は狭い池でメダカとオタマジャクシが共存しているがカエルに孵化した時どうなるのだろうと心配している。

 韓国平昌で冬のオリンピックが開かれ、日本勢は金を含めて二桁のメダルを取り、大活躍した。世界中の選手がこの大会に焦点を合わせてきている。その中でメダルを取るのは至難の技だ。けがで出場すら危ぶまれた羽生選手は痛み止めを飲みながら金を獲得した。大変な技術・体力・精神力である。小平選手も前回の惨敗(?)を糧にして頂点に立った。基礎体力に優れたオランダ選手らを押しのけての栄冠ですばらしい。自らを「求道者」と表現していたが、そんな姿勢があったらからこそと感銘を受けた。高木姉妹らのショートトラックチームはあのオランダ相手(ドリームチームと呼ばれていた)に勝った。日本人の組織の力を最大にする能力はいい方向に発揮されるとすごい。高木のお姉さんの金二つもすごい、日本勢では女性の活躍が目立った大会であった。

 フェアーに舞台に上がり、競い合う。この当たり前のことが規範になると、我々の住む社会はより安寧になるのではなかろうか。そんな思いでオリンピックを見つめていた。

平成30年2月28日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院紹介 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 施設マップ 新病棟のご紹介 新病棟建設工事の進捗状況 ヘリポート 地域医療研修センター 臨床研修 出前講座 心不全学習会 心不全教室(患者様対象)
診療のご案内 初めて受診される方へ 初めて入院される方へ 今月の外来担当医師 専門外来担当医師・診療時間 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 物忘れ外来 母乳外来
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科 腎臓内科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 透析室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症 これからママになるみなさんへ たばこの害について
情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 平成29年度 病院指標
最新情報 アクセス お問い合わせ
採用情報 医師募集 ボランティア募集 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.