独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 6月 2011

指宿 菜の花通信(No.20)「空腹を感じますか」

いつ頃からだろう、私は「空腹感」を失っていたようだ。私は昭和18年生まれ、戦後の食糧難の時代に育った。いつも「ひもじい」思いをしていた。「粟飯」や「サツマイモ」の一杯入ったご飯を食べさせられ、お正月や節句の白いご飯が嬉しかった。甘いものもなく、母が土間でサツマイモを一日中「ぐつぐつ」煮て「芋飴」を作り、熱いのをフーフー言いながら食べたのを思い出す。

そんな育ち方をしたので、出てきた食事を残さず食べる習慣がついた。腹一杯食べられる事が嬉しく、空腹に対する恐怖感を持ちながら生きてきたと言える。その結果は当然肥満になり、ついには糖尿病を発症する事になった。父母とも糖尿病はなかったので、そうした自分の食行動が糖尿病発症の原因になったと考えている。我々の世代には「自分は空腹ということを知りませんでした」「空腹感からものを食べた記憶は殆どありません」(人間失格 太宰治)という人は極めて少ないように思う。

ところで、1935年頃からの研究で、線虫、ショウジョウバエ、マウスなどで食事量を3割位減らすと寿命が1.5倍位伸びることが分かってきた。2009年には人間に近い「アカゲザル」の観察実験結果が発表され、成人したアカゲザルで、通常食群と食事3割減の群を比較すると、食事を減らした群の方の寿命が延び、癌の発生も減じ、全体として若々しかったという。どうも動物という生き物は食事量を減らした方が長生きするようだ。人という動物においてもおそらく同様と考えられるが、そういう実験は難しく十分確かめられていない。

こうした現象が起こる原因として、約10年前、ガランテ教授(マサチューセッツ大学)が発見した「サーチュイン」という長寿遺伝子が注目されている。サーチュインは空腹によって誘導され、増加するという。サーチュインは細胞の中のミトコンドリアの機能を高める。ミトコンドリアは体のエネルギー源となるATPを作り、その過程で体に有害な活性酸素が発生する。ミトコンドリアの機能が高いと活性酸素の発生が減少する。従って、サーチュインが増加するとATPが良好に産生され、活性酸素の産生が抑制されることになる。そんなことで、体が若々しくなり、寿命が延びると考えられている。

約400年前貝原益軒は「酒食茶湯ともに控えて七、八分にて、猶も不足と思うとき早くやむべし」と過食を戒めている。どうも健康に生きるためには「お腹が空いた」感覚を取り戻す事が大事なようだ。

平成23年6月28日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.20)「空腹を感じますか」

いつ頃からだろう、私は「空腹感」を失っていたようだ。私は昭和18年生まれ、戦後の食糧難の時代に育った。いつも「ひもじい」思いをしていた。「粟飯」や「サツマイモ」の一杯入ったご飯を食べさせられ、お正月や節句の白いご飯が嬉しかった。甘いものもなく、母が土間でサツマイモを一日中「ぐつぐつ」煮て「芋飴」を作り、熱いのをフーフー言いながら食べたのを思い出す。

そんな育ち方をしたので、出てきた食事を残さず食べる習慣がついた。腹一杯食べられる事が嬉しく、空腹に対する恐怖感を持ちながら生きてきたと言える。その結果は当然肥満になり、ついには糖尿病を発症する事になった。父母とも糖尿病はなかったので、そうした自分の食行動が糖尿病発症の原因になったと考えている。我々の世代には「自分は空腹ということを知りませんでした」「空腹感からものを食べた記憶は殆どありません」(人間失格 太宰治)という人は極めて少ないように思う。

ところで、1935年頃からの研究で、線虫、ショウジョウバエ、マウスなどで食事量を3割位減らすと寿命が1.5倍位伸びることが分かってきた。2009年には人間に近い「アカゲザル」の観察実験結果が発表され、成人したアカゲザルで、通常食群と食事3割減の群を比較すると、食事を減らした群の方の寿命が延び、癌の発生も減じ、全体として若々しかったという。どうも動物という生き物は食事量を減らした方が長生きするようだ。人という動物においてもおそらく同様と考えられるが、そういう実験は難しく十分確かめられていない。

こうした現象が起こる原因として、約10年前、ガランテ教授(マサチューセッツ大学)が発見した「サーチュイン」という長寿遺伝子が注目されている。サーチュインは空腹によって誘導され、増加するという。サーチュインは細胞の中のミトコンドリアの機能を高める。ミトコンドリアは体のエネルギー源となるATPを作り、その過程で体に有害な活性酸素が発生する。ミトコンドリアの機能が高いと活性酸素の発生が減少する。従って、サーチュインが増加するとATPが良好に産生され、活性酸素の産生が抑制されることになる。そんなことで、体が若々しくなり、寿命が延びると考えられている。

約400年前貝原益軒は「酒食茶湯ともに控えて七、八分にて、猶も不足と思うとき早くやむべし」と過食を戒めている。どうも健康に生きるためには「お腹が空いた」感覚を取り戻す事が大事なようだ。

平成23年6月28日

 国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦