独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

月アーカイブ: 11月 2017

指宿 菜の花通信(No.101)「田舎医者の流儀(76)・・・惑星規模公害」

 11月に2回も台風が接近し、秋をすっ飛ばして冬景色になった。今年7月初め、福岡など九州北部を襲った集中豪雨では40名もの死者・行方不明者を出した。この夏も日本各地で50年ぶりとか、観測史上最高とかの雨量が観測され、大きな被害が出た。「最近の天気はおかしいね」と言うのが日常会話になってしまった。

 世界的にもカルフォルニアの山火事、台風・ハリケーンの巨大化、干ばつなど尋常でない気候変動が起こっている。新聞によればトランプ米政権は3日、「地球温暖化は進行しており、人類の活動以外の原因は見当たらない」と結論づける全米気候評価報告書を公表した。報告書によれば「地球の平均気温は過去115年で1度上昇。大気中に放出される二酸化炭素の量は増加し続けており、過去数千万年で最も高い濃度になろうとしている。米国では温暖化の影響により、激しい降雨や洪水、自然発生した山火事などの被害が発生している」とした。

 これではトランプ政権は地球温暖化を認めたことになるはずだが・・・。やっていることは全く逆、パリ協定を離脱し、温暖化対策には加わらないという。米国だけがパリ協定に加わらない世界で唯一の国なるという。地球平均気温が1度上昇しただけで、現在の異常気象が起こっている。2度上がったら、大変なことになりそうなので1.5度以内の上昇に留めたいと世界中が合意したのだ。97%の気象学者が温暖化の原因は温室効果ガスの増加によると考えている。反論する意見もあるが非専門の学者・評論家の「先生方」が多い。

 水俣病はチッソが工程に使用した水銀を工場排水として垂れ流し、それが有機水銀(メチル水銀)となり、生物濃縮で高濃度になった魚介類をたくさん食べた人から発症した(1956年頃が発生のピーク)。水俣病患者の絶えずけいれんを起こす映像は衝撃的であった。多くの患者が中枢神経系の症状に悩まされた。いろいろの過程があったが、汚染水の垂れ流しを止めると患者発生は終息に向かった。チッソは高い対価を払わされている。当然である。

 水俣病、新潟水俣病等公害病は汚染物質が拡散した地域に限定された。しかし、温暖化物質のCO₂、メタンガス等は大気中に拡散し、地球の気候に変動を起こしている。汚染物質は大気に撒かれているので、今までの公害と異なり地域限定ではない「地球という惑星」全体に影響が及ぶ。発生源を止めなければならないが、国も企業も経済への悪影響とか言って後ろ向きだ。対策を真剣に行わないと地球が悲鳴を挙げる日は近い。

平成29年11月14日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

第5回市民公開講座開催のお知らせ 11月26日(日)

指宿医療センターでは市民の皆様を対象とした公開講座を企画しております。入場は無料です。

皆様お誘いあわせのうえ、多数のご参加をお待ちしております。

日 時  平成29年11月26日(日)

      講演 13時00分~16時00分(開場13:00)

会 場  指宿市民会館 大ホール (指宿市東方12000)

内 容  「家庭の医学 ~身近な病気の予防と対策~ 」

     講演 

     1.意外と身近な肝臓病

       指宿医療センター消化器科医長 大重彰彦

     2.脳梗塞をひきおこす不整脈について

       指宿医療センター循環器科部長 川畑和代

     3.家庭でできる創の管理

       指宿医療センター外科部長 宮薗太志

     4.その症状つらくないですか?-尿失禁の対策-

       指宿医療センター皮膚・排泄ケア認定看護師 松永真理亜

     5.楽しく一緒に認知症予防

       指宿医療センター認知症看護認定看護師 木佐貫真子

その他  指宿健幸マイレージ対象

0001

インフルエンザワクチン予防接種のお知らせ

インフルエンザ予防接種について、今年度はワクチン不足の影響により「完全予約制」といたします。 ご希望の方は、お電話にてご予約くださいますようにお願いいたします。

  • 受付時間: 平日13:00~15:00
  • 電話番号: 0993-22-2231
  • 接種料金: 3,000円 - 助成額 = 窓口負担額

※持参された予診票に助成額の記載がある場合は、市町村の補助対象となります。(なお、市町村により助成額が異なりますので、各市町村窓口へお尋ね下さい。)
接種料金が市町村の助成額を上回る場合は、差額をご負担いただくことになりますのでご了承ください。

※インフルエンザ予防接種のみの方は、待ち時間が長くなる場合がありますが、ご了承下さい。

当院について 院長あいさつ ロゴマークについて 新病棟のご紹介 病院の理念 病院概要 地域医療支援病院 鹿児島県がん診療指定病院 開放型病院 指宿医療センターヘリポート 臨床研修 地域医療研修センター 情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 節電行動計画 バリアフリー情報 出前講座 絵画展示のご案内 イベントカレンダー DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 ボランティア募集 新病棟建設工事の進捗状況 医師募集
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
外来のご案内 外来を受診される方へ 外来案内図 今月の外来担当医師 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 専門外来担当医師・診療時間 物忘れ外来 母乳外来 遺伝カウンセリング外来
入院のご案内 初めて入院される方へ 病棟案内図
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症について これからママになるみなさんへ たばこの害について
お知らせ アクセス お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.

指宿 菜の花通信(No.101)「田舎医者の流儀(76)・・・惑星規模公害」

 11月に2回も台風が接近し、秋をすっ飛ばして冬景色になった。今年7月初め、福岡など九州北部を襲った集中豪雨では40名もの死者・行方不明者を出した。この夏も日本各地で50年ぶりとか、観測史上最高とかの雨量が観測され、大きな被害が出た。「最近の天気はおかしいね」と言うのが日常会話になってしまった。

 世界的にもカルフォルニアの山火事、台風・ハリケーンの巨大化、干ばつなど尋常でない気候変動が起こっている。新聞によればトランプ米政権は3日、「地球温暖化は進行しており、人類の活動以外の原因は見当たらない」と結論づける全米気候評価報告書を公表した。報告書によれば「地球の平均気温は過去115年で1度上昇。大気中に放出される二酸化炭素の量は増加し続けており、過去数千万年で最も高い濃度になろうとしている。米国では温暖化の影響により、激しい降雨や洪水、自然発生した山火事などの被害が発生している」とした。

 これではトランプ政権は地球温暖化を認めたことになるはずだが・・・。やっていることは全く逆、パリ協定を離脱し、温暖化対策には加わらないという。米国だけがパリ協定に加わらない世界で唯一の国なるという。地球平均気温が1度上昇しただけで、現在の異常気象が起こっている。2度上がったら、大変なことになりそうなので1.5度以内の上昇に留めたいと世界中が合意したのだ。97%の気象学者が温暖化の原因は温室効果ガスの増加によると考えている。反論する意見もあるが非専門の学者・評論家の「先生方」が多い。

 水俣病はチッソが工程に使用した水銀を工場排水として垂れ流し、それが有機水銀(メチル水銀)となり、生物濃縮で高濃度になった魚介類をたくさん食べた人から発症した(1956年頃が発生のピーク)。水俣病患者の絶えずけいれんを起こす映像は衝撃的であった。多くの患者が中枢神経系の症状に悩まされた。いろいろの過程があったが、汚染水の垂れ流しを止めると患者発生は終息に向かった。チッソは高い対価を払わされている。当然である。

 水俣病、新潟水俣病等公害病は汚染物質が拡散した地域に限定された。しかし、温暖化物質のCO₂、メタンガス等は大気中に拡散し、地球の気候に変動を起こしている。汚染物質は大気に撒かれているので、今までの公害と異なり地域限定ではない「地球という惑星」全体に影響が及ぶ。発生源を止めなければならないが、国も企業も経済への悪影響とか言って後ろ向きだ。対策を真剣に行わないと地球が悲鳴を挙げる日は近い。

平成29年11月14日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

第5回市民公開講座開催のお知らせ 11月26日(日)

指宿医療センターでは市民の皆様を対象とした公開講座を企画しております。入場は無料です。

皆様お誘いあわせのうえ、多数のご参加をお待ちしております。

日 時  平成29年11月26日(日)

      講演 13時00分~16時00分(開場13:00)

会 場  指宿市民会館 大ホール (指宿市東方12000)

内 容  「家庭の医学 ~身近な病気の予防と対策~ 」

     講演 

     1.意外と身近な肝臓病

       指宿医療センター消化器科医長 大重彰彦

     2.脳梗塞をひきおこす不整脈について

       指宿医療センター循環器科部長 川畑和代

     3.家庭でできる創の管理

       指宿医療センター外科部長 宮薗太志

     4.その症状つらくないですか?-尿失禁の対策-

       指宿医療センター皮膚・排泄ケア認定看護師 松永真理亜

     5.楽しく一緒に認知症予防

       指宿医療センター認知症看護認定看護師 木佐貫真子

その他  指宿健幸マイレージ対象

0001

インフルエンザワクチン予防接種のお知らせ

インフルエンザ予防接種について、今年度はワクチン不足の影響により「完全予約制」といたします。 ご希望の方は、お電話にてご予約くださいますようにお願いいたします。

※持参された予診票に助成額の記載がある場合は、市町村の補助対象となります。(なお、市町村により助成額が異なりますので、各市町村窓口へお尋ね下さい。)
接種料金が市町村の助成額を上回る場合は、差額をご負担いただくことになりますのでご了承ください。

※インフルエンザ予防接種のみの方は、待ち時間が長くなる場合がありますが、ご了承下さい。

入札公告(寝具賃貸借)

入札公告(寝具賃貸借)

契約情報の更新について

(H29.10.31)契約事務取扱細則に基づく契約情報の公開